与座聡(よざさとし)ってどんな人?経歴や病院名を調べてみた!

  • LINEで送る

本日放送された世界ナゼそこに日本人?に与座聡さんが登場しました。

マダガスカルでただ一人患者を救い続けるという与座聡さん。

今回は、そんな与座聡さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

与座聡ってどんなひと?

マダガスカルで医師を務める与座聡さんについて調べてみました。

今回放送された番組で紹介される与座聡さんについてのあらすじがこちらです。

医師がいるという首都アンタナナリボの病院を訪ねると、そこは日本の医師の治療を求めてやって来た患者でごった返していた。
その多くは安定した仕事に就けず、ほぼ収入がない貧困層の人々。
男性は彼らからお金を一切受け取らず、手術まで無料で行っているという。マダガスカルへ来て10年。
これまでに1万回以上もの手術をこなし、多くの貧しい人々の命を救ってきたという

なんと、与座聡さんは貧困な方々のために診療から手術まで、全て無料でやっているのです・・・!

更に凄いのが与座聡さんのストイックさです。

現在も次から次へと手術をこなし、空いた時間には担当するすべての患者の病室を回り、術後のケアを行っている。
多い日には1日80人もの患者を診ることもあるといい、朝8時から夜9時まで、なんと13時間もぶっ通しで働き続けることも。

手術も診療も無料でやっているのに、1日中患者のために働き続けるという行動力が凄まじいですね。

しかし、与座聡さんも歳を重ねるにつれ、自身に限界を感じているそうです。

そのため、「体力は限界。気力だけでもってる」という。

しかし、いったいなぜここまで命をかけて診療にあたっているのでしょうか?

「罪滅ぼしかもしれない」といったこの言葉にも意味がありそうですね・・・

与座聡の経歴やプロフィール

与座聡さんの経歴やプロフィールについて調べてみました。

【略歴】

・百人町アルファクリニック前院長
・沖縄・宮古島出身
・岡山大医学部卒

【資格・所属学会】

・日本形成外科学会専門医

【得意な手術】

・輪郭形成(骨切り)
・フェイスリフト
・お目元の若返り手術
・他院修正

【趣味】

・アユ釣り

手術では顔面の輪郭修正、目・眼瞼に関する手術、フェイスリフト、脂肪注入などが多いが、特に評価が高いのが輪郭形成とフェイスリフト。

他院での手術に失敗した患者の来院も多く、患者全体の50%にも上る。

美容外科で多くの症例をこなす一方、形成外科の専門医として先天奇形、マイクロサージャリー手術、外傷、火傷の治療など多数の手術実績をもつ。

世界の医療団に1996年のルワンダから20年来参加しており、途上国での形成外科手術は500例以上。

与座聡さんは現在もマダガスカル在住で医療活動にあたっています。

与座聡さんは認定NPO法人、世界の医療団という団体に所属しており、
スマイル作戦という、先天性の奇形や後天的な障害に対して無償で形成外科手術を行う活動を行っています。

主な功績としては与座聡さんはマダガスカルで口唇口蓋裂を治したとして評価されているようです。

ただ、病院名として候補に上がっている場所というのが、
クリニックアヴェマリア病院ではないかと予想しています。

クリニックアヴェマリア病院ではマダガスカル口唇口蓋裂医療協力団という

マダガスカルで口唇口蓋裂の治療に専念している日本人団体があります。

もしかすれば与座聡さんもその団体のメンバーなのかもしれません。

引き続き詳細な経歴などが分かり次第追記していきたいと思います!

まとめ

今回は与座聡さんについて調べてみました。

マダガスカルでは多くの人に感謝されていると言われていますが、あまり情報がなかったため気になりました。

引き続き与座聡さんについて調べていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください