yasu(AcidBlackCherry)が治療中の病名や病院はどこ?手術で地声や声質が変わる!?

  • LINEで送る

ロックバンド「Janne Da Arc(ジャンヌダルク)」のボーカル・yasu(年齢非公表)が活動を休止し、14日から9月27日まで全国各地で予定されていたソロプロジェクト「Acid Black Cherry」ツアー全公演が中止されることが3日、公式サイトで発表された。yahooニュース

ビジュアル系の中でも一際人気を集めているロックバンド「ジャンヌダルク」のボーカルであるyasuさんが活動を休止されるという事で、

ファンの間でもかなりショックだという反応が多いですね。

前々から身体に深刻と言えるほど負担はかかっていたそうで、今回のツアーは中止になってしまったという事です。

これから療養に入るという事ですが、いったいどんな病名で、どこの病院で治療しているのでしょうか?

スポンサーリンク

治療中の病名と病院はどこ?

今回yasuさんが活動休止となった原因が「長年の活動から生じた頚椎の損傷、それに起因する身体各所への痛みなど、複合的な症状の併発

ということで、単純に一つの病気が原因となっているわけではなさそうです。

長年体に負担をかけていた分、その影響が一気にyasuさんの体を襲ってしまったのでしょう・・・

それがステージに立つことが出来ないほどの重傷だという事ですから、ただの過労という話では片づけられません。

おそらく、今後は病院などで集中的に治療をしなければならないと推測できますが、いったいどこの病院で治療をするのでしょうか?

これに関しての公式な発表や、yasuさん自身の発言はありませんでした。

ただ、yasuさんの場合だと彼自身の商売道具はですよね。

なので、スポーツ系のアスリートのように身体を慎重に回復させるような特別な環境は必要ないのではないかと思われます。

意外と都内の大学病院や総合病院などにふらっといるかもしれませんね。

yasuの声が変わる?

なんで身体の不調なのに声が変わるのか、疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし、yasuさんの症状を見てみると「頸椎の損傷」と書いてあります。

頸椎がどこなのか、画像で見てみましょう。

この首に沿って並んでいる骨部分が頸椎と呼ばれるところです。

頸椎には直接脳と体をつなぐ神経が密集している場所で、ここに損傷が起きると、体だけではなく脳にまで影響が起こる可能性があるんですね。

しかもこの部分は非常に声帯にも近い部分なので、首に痛みを感じるだけでも周辺の筋肉がリラックスできず、声に影響が出てしまうのです。

なので、程度にもよりますがもしこの頸椎付近の手術が行われれば、yasuさんの本来の声を出すことが難しくなり、結果的に歌うときの声質が変わってしまうかもしれないんですね。

これはあくまで最悪の場合の話ではあるので、yasuさんが療養によって順調に回復していけば、以前のようなキレイなハイトーンボイスは変わらず聴くことが出来るでしょう!

まとめ

まだまだ活動休止が決定したばかりではありますが、今後どのような治療方法をとるのか、引き続き情報を追っていきたいと思います。

yasuさんが無事に復帰し、またステージに立てることを願っています。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。