雑誌「VOGUE」でアメリカ人の芸者姿に批判殺到!?どこが問題?画像は?

  • LINEで送る

アメリカの人気ファッション雑誌「VOGUE」内で掲載された白人モデルによる芸者風の写真に批判が寄せられているようです。

モデルを務めたカーリー・クロスさんも謝罪文をツイッターに上げています。

写真は日本国内で撮影されたもので、日本風の結髪と着物に似たドレスを着て様々な日本建築を背景に写っています。

この写真の何がいけないのか、私達日本人の感覚では分からないという方が多いと思います。事実、私も何がいけないのかわかりませんでした。

一体この写真のどの部分が問題となっているのか、調べてみました。

スポンサーリンク

問題となっている画像は?

今回批判が殺到しているという画像はこちらの写真です。(twitterのスクリーンショットより)

美しい白人女性が和装をして、日本に溶け込んでいるという印象がありますよね。

髪型や衣装は正式なものではないため、少し違和感があります。個人的にはちょっとした異世界感があってなかなかおもしろい写真となっているのですごく良いと思うのですが・・・

皆さんはこの写真のどのあたりが問題なのか、わかりましたか?

この写真に対して寄せられている批判は主に米国内からのもので、日本人からの批判は全くありませんでした。

それではこの写真は米国の人たちから見てどういった問題があるのか、見てみましょう。

問題点はどこ?

今回の騒動は主に米国人の考えから2つの問題点があることがわかりました。

一つ目は、「文化の盗用(Cultural appropriation)」と呼ばれるもの

もう一つが、「ホワイトウォッシング(Whitewashing)」というものです。

文化の盗用(Cultural appropriation)」とは、ある文化圏の人々が異なる文化を搾取的に利用することです。

自分たちの文化に対して別の文化を視覚的に、娯楽的に利用することで、自分たちの文化へと取り込んでいきます。

そこに多文化への理解や尊敬を持たず、あくまで利己的に利用することをCultural appropriationと言います。

ホワイトウォッシング(Whitewashing)」とは、白人以外の人種を白人俳優が演じることで、排他的、差別的な意味合いを持っています。

日本人の私達としてはなじみがない言葉ですが、様々な人種が暮らすアメリカではかなりシビアな問題となっているそうです。

これらの写真はそういったアメリカ人的な日本のイメージをそのまま作品として表現したということで、日本文化への理解が無いものだと捉えられているようです。

実際に米国のネットユーザーからはこのような発言が見られます。

『文化の盗用』はアジア人にも適用されるんだよ!うんざりする

なぜ白人モデルなの?世界で日本人モデルが不足してるの?

モデルのカーリー・クロスさんもこういった声に応え、謝罪という形で自身の見解を述べました。

これらの写真は、私のものではない文化を盗用したものでした。文化的に敏感でない撮影に参加してしまい、本当に申し訳ありません。私の目標は、常に、女性たちに力を与えインスパイアすること。今後の撮影や企画では、この使命を必ず反映していきます

米国では自分の国にはない文化、人種だからこそ、リスペクトを持って接しなければいけないという考えがあるんですね。とても勉強になりました。

まとめ

今回は聞き慣れないワードや考え方が多くあったので日本人としては少し混乱してしまうような話題でしたね。

世界中には様々な文化があるだけではなく、その国が他の文化に対してどう思っているかというのも知っておかないといけないのかもしれません。

ただ今回の写真は個人的には綺麗で良い写真だなと思う気持ちは変わりませんでした(笑)

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。