ロザン宇治原のクイズ番組は全て台本でヤラセ!?台本なしの番組で惨敗・・・

  • LINEで送る

お笑い芸人、ロザンの宇治原史規さんですが、最近テレビ番組ではあまり顔を出さなくなったような気がします。

というのも、実はロザン宇治原さんが出演していたクイズ番組での活躍は全て台本だったのではないかと言われています。

最近ではテレ朝系のクイズ番組「アタック25」に参加した宇治原さんがなんと惨敗していたということがあり、

台本やヤラセのない番組ではクイズに答えられないのでは?という疑惑があがっているんですね。

このロザン宇治原さんのヤラセ疑惑の真相について調べてみました。

スポンサーリンク

ロザン宇治原は全部台本だった?

ロザン宇治原さんといえばテレビでもクイズ王と言われるほど、クイズ番組では好成績を修めているお笑い芸人。

京大出身ということもあり、その豊富な知識からどんな難問にも答えてしまうというイメージが強いですね。

しかし、ここ最近あまりロザン宇治原さんの活躍ぶりをみないですよね?

確かに出演している番組ではファインプレーをしていることもありましたが、

宇治原さんがレギュラー出演している番組以外ではあまりその姿を見かけません。

実は宇治原さんの出演する番組では台本が用意されていて、宇治原さんに今のようなクイズが強いイメージを作るためにヤラセをしていたのではと言われています。

関係者によると、番組の中でも宇治原さんだけが答えを知っている問題やカンペなどが用意してあり、

元々宇治原さんが活躍するようなシナリオが番組で作られていたのではという話だったのです。

宇治原さん自身も京大出身ということでクイズや謎解きに関しては強いことは事実。

だからこそ、芸能界でクイズが強い人と言えばこの人!というイメージを付けやすかったのでしょう。

ただそういったヤラセができる番組も一部に過ぎず、台本やヤラセのない番組では思い通りの活躍ができなかったようです。

多くのクイズ番組はヤラセや台本を嫌う傾向があります。

だからこそ、ロザン宇治原さんは一部の番組でしか出演することがなく、

業界内では既に知られている台本やヤラセのイメージがあるロザン宇治原さんが呼ばれないという現実があるんですね。

「アタック25」惨敗の理由は一般参加だったから?

8日に放送された「アタック25」ではロザン宇治原さんが一般参加として出演していました。

しかし、その成績はまさに「惨敗」といえるほどで、奪えたパネルは0枚。

結果的に正解1問、不正解2問で終わることとなり、「クイズ王」らしからぬ負け方で話題になっていました。

クイズ王として様々な番組で好成績を出していたにも関わらず「アタック25」で惨敗してしまったというのは不思議ですよね。

実はこの裏には「一般参加」だったことが関係しているのではないかと噂されています。

レギュラー出演となれば番組の構成や台本の中で「ロザン宇治原」が活躍するというシナリオを作ることは簡単です。

宇治原さんが得意とする問題をリサーチして、そればかりで構成すればいいのです。

ただ、今回は一般参加でロザン宇治原さんの為に作られた番組でもありません。

宇治原さん本人には自信があったようですが、それが宇治原さんが得意とする問題ではなかったためにこのような結果になってしまったのでしょう。

本当にクイズ王と言われる所以があれば、アタック25の問題は比較的簡単に感じるはずですよね。

それにもかかわらず実際には10問目まで終始無言だったというわけですから、これには疑問を感じても仕方のないことでしょう。

今回の出演が決め手となって、今後の芸能活動や番組出演に影響がでないといいのですが・・・

まとめ

今回はロザン宇治原さんの台本やヤラセ疑惑について調べてみました。

宇治原さん自信に関してはまだ出演する番組があるので「消える」ということはないのですが、

今後もこのようなヤラセについて明らかになってくれば少なからず仕事に影響が出てしまうのではと思いますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*