トランプ来日で爆破予告が実行される時間と場所は?複数犯の可能性?

  • LINEで送る

5日、トランプ大統領が来日したということで世間でも話題になっていますね。

日本ではこれに関するテロ対策として数万人の警察を出動。

厳戒態勢となっている状況ですが、西日本では爆破予告が相次いでいるとのことです。

ただのいたずらならばよいのですが、もし本当に爆破が実行されてしまえば

その被害は計り知れないものとなります。

今回は今起きている爆破予告が実行される可能性や

時間、場所などについて調べてみました。

スポンサーリンク

爆破予告が実行される可能性?

今回の一件で相次ぐ爆破予告が実行される可能性があると個人的には思いました。

なぜかというと、犯人が逮捕されたにもかかわらず未だに爆破予告がされていることについて、

もしかすれば、この爆破計画は複数の犯人によって行われているかもしれないからなのです。

今までの爆破予告はすべて未遂、あるいは虚偽の犯罪予告という形になっていますが

それを意図的に行い、警戒心が緩んだところで爆破を実行する手口は世界的に行われています。

それを複数の人物が行い、いざ爆破を実行する際は予告をせずに唐突に行われることで

予期せぬ被害を及ぼすことが目的なのかもしれません。

更に爆破予告をされている地域が西日本と限定されていることから、

今後はむしろ別地域の不審な動きに注意するべきなのではと思います。

爆破の可能性がある時間や場所は?

実際に日本で爆破テロが行われる可能性があるとして、

その時間や場所がどこになるのか、気になりますよね。

現時点では西日本を中心に爆破予告がされているという事ですが、

犯人側として、日本でダメージを与えたい地域はどう考えても首都圏です。

トランプ大統領も首都圏にいるわけですし、どう考えても予告をするならこの地域を狙うはずなのに。

そんな背景をみると、犯人が意図的に爆破したい地域を避けている可能性だってありますよね。

そんなわけで、今後地方での爆破予告が相次ぐ場合、

むしろ一番警戒しなければいけないのは首都圏特に安倍首相やトランプ大統領が行動する範囲での犯行ですね。

犯行が行われる危険性が最も高い時間帯に関してもトランプ大統領が訪日している明日6日。特に夜の時間帯が危険だと推測します。

ただ、更に最も危険な時間帯というのがあり、それが7日の日中です。

7日はトランプ大統領が日本を出国し韓国へ向かうのですが、彼がいなくなったということで警備の手が緩み始めた直後を狙うことが考えられます。

トランプ大統領の後を追う形で犯行を行うことで、彼自身への脅迫

トランプ大統領の行動地域が狙われるということがアジア諸国へ恐怖感を植え付けられる狙いがあります。

特に現在のアジア地域ではこういった目立ったテロ行為が行われていないためテロリストへの警戒があまり強くありません。

この時期に日本での爆破予告が頻発するというのは、ただのいたずらとして片づけるわけにはいかなさそうですね。

今後も詳細が分かり次第追記していきたいと思います。

まとめ

今回は最近頻発している爆破予告に関して実際に犯行が行われる可能性について調べてみました。

こういった大規模なテロ行為は私たち一般人にも影響があることなので、

今後も注意して生活していきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。