TOKIO山口達也が絶滅危惧種、スナヤツメを発見!場所はどこ?

  • LINEで送る

22日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!2時間SP』番組内でTOKIOのメンバー山口達也さんが絶滅危惧種である「スナヤツメ」を発見したことが分かりました。

最初の発見は2015年9月以来で、今回はその時のスナヤツメよりも更に珍しい形での発見となりました。

当初、山口達也さんはTOKIOのリーダー、城島茂さんと巨大アユを見つけるべく多摩川へ向かったところ、仕掛けたタモに偶然入っていたのが絶滅危惧種に指定されているスナヤツメでした。

スポンサーリンク

スナヤツメってなに?

スナヤツメはヤツメウナギ目ヤツメウナギ科の淡水魚で絶滅危惧ⅠB類に属している絶滅危惧種です。

きれいで澄んだ水で、なおかつ緩やかな流れの中にしか生息しないため、その姿をみかけるのもなかなか困難なようです。

名前の由来はその見た目からきているそうで体にある斑点模様が目のようにみえることからヤツメという呼ばれています。

実際に目は2つしかないようで、残りの斑点はエラ穴なんだそうです。

スナヤツメは一生のうちほとんど目を開かないとされ、産卵前の一定期間だけ目を開くとされています。

しかも、産卵後にはすぐ死んでしまうので目を開いた姿を見れる人はほとんどないそうです。

専門家も驚き!

今回の発見に同行していた専門家も驚きの声を上げていました。

えーー!スゴいですよこれ
図鑑でしか見たことない

など、水生生物を専門とする方からしてもかなり貴重な発見なのでそうで、メンバーを含めみんな大興奮でした。

このスナヤツメを発見したのは多摩川上流で、TOKIO一行はアユを捕獲するために川岸に石の囲いをつくり、その付近で探索をしていました。

アユを探していた山口達也さんが拾い上げた小石に今回のスナヤツメが張り付いていました。

TOKIOは以前にもトウキョウサンショウウオミツクリザメスナヤツメを既に発見しているのでなにかものすごい強運をもっている気がしますね!

まとめ

相変わらず鉄腕ダッシュでは予想だにしない発見をしてくれますね。

TOKIOのメンバーも最初の頃よりたくましくなったような、アイドルであることを忘れてしまうほどの活躍ぶりです。

今後の情報も気になりますね!また新たな発見があれば追記していきたいと思います!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。