武井咲の結婚・妊娠で違約金はおかしい!非常識な契約内容について!

  • LINEで送る

武井咲さんがEXILEのボーカル、TAKAHIROさんと結婚、妊娠していたことで話題になりましたね。

ただ武井咲さんの事務所側はそれが「契約違反だ」として違約金を請求しているという話が上がっています。

しかもその額がなんと10億にも昇るという驚きの報道でした。

いったいなぜ武井咲さんはここまで巨額の違約金を請求されるのでしょうか?

そもそも結婚したというのに違約金を支払わせるとは、非常識な気もします。

スポンサーリンク

結婚・妊娠で違約金はおかしい!

今回は武井咲さんの違約金が請求されたことについて疑問を感じました。

そもそも結婚というのは本来おめでたいことでもありますし、祝福されるべき話題でもあります。

事務所側としてはなぜそれを問題視して、違約金を請求しているのか疑問ですよね。

これは結婚そのものよりも武井咲さん自身のイメージの問題に関わっているそうです。

今回の結婚・妊娠はいわゆるデキ婚であるため、武井咲さんの清楚なイメージが損なわれるという事で、

事務所としてはそれを損失と捉えて今回の違約金を請求したそうです。

ただ、これに関してもただ妊娠が先だったというだけで結婚はしっかりとしています。

これで妊娠させて結婚しないとか、相手が既婚だったなら問題ありますが、結局は正しい交際をしていたわけで。

武井咲さん自身、周囲からも祝福の言葉を受けているし、スポンサーからもこのような回答を受けています。

「イメージが上がることも下がることも無いです。制作スケジュールが変わるといった話もありません」(JTB)
「この度のことはおめでたいことで、お祝い申し上げます。私どもとしては、今後もご活躍をしてほしいと思っております」(資生堂)
と、出演打ち切りなどを検討している様子はなかった。違約金に関しても、「会社によっては個別にそうした契約をしているところもあるのかもしれないが、弊社は現段階ではそういったことは考えていない」(イオン)との回答をした企業がほとんどだ。キャリコネニュース

特に問題視をしているわけではなさそうですね。

それでも事務所としては契約違反を唱えているようで、一体どんな契約をしていたのでしょうか?

結婚・恋愛が契約で禁止!?

現在のところ武井咲さんと事務所のオスカーとの間で交わされた契約書を見ることはできません。

なので、どこまでの契約をしていたかは不明ですが、その中に結婚や恋愛禁止されていたという可能性はあるのでしょうか。

実際に芸能関係、特にタレントやアイドルなどが契約で恋愛を禁止されるというのはよくあるそうです。

AKBなんかが最たる例ですよね。

これはその契約した人物が結婚することで著しくイメージがさがる、ようするに価値が下がってファンがつかなくなるような人物や環境に対して課されることが多いようです。

武井咲さんの場合、清楚な女優として売っていたこともあり、結婚や妊娠することでイメージが下がると判断していたのでしょうか。

でもそれっておかしいですよね。明らかな人権侵害です。

これに関しては以前から問題になっており、裁判になった際も東京地裁の判決で違約金請求の訴えを棄却しており

結婚や恋愛禁止のルールを「幸福追求権を著しく制約するもの」としています。

そのため、いくらイメージを損なうからといっても、結婚や恋愛をしたことで違約金を請求するというのは間違っているという事になります。

こういった事務所との契約というのはブラックボックスな部分が多く、とてもあいまいに書かれていることが多いので、

今回のように芸能人が知らずの間に契約違反となるケースが多いみたいです。

何もわからないまま、違約金を取られてしまったタレントなどもいるそうで、許しがたい問題ですよね。

まとめ

武井咲さんの結婚に関する騒動についてまとめてみました。

ここまでくるとむしろ事務所のイメージが悪くなるんじゃないかなと思いますね。

今回の結婚・妊娠に関しては多くの人が祝福していますし、あまり問題視することが良くないのかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。