たばこについている点線(切れ目)の意味は?切って吸うのは間違い!?

  • LINEで送る

皆さんはたばこを吸う時に点線が入っているものを見たことがあるでしょうか?

メーカーによって点線があるものやないものがありますが、多くの人はこの点線について気になっているのでないかと思います。

人によってはそこをちぎって吸うというやり方もあるそうなのですが、実際にこの点線がある意味が何なのかを調べてみました。

スポンサーリンク

たばこの点線(切れ目)の意味は?

たばこを吸う人であれば多くの人が見たことがあるこの点線は一体どういう意味なのか、気になりますよね。

具体的にどこになるのかというとたばこの口に含む部分についています。

この点線が何のためにあるのかというと、実は通気口の役割を果たしているんですね。

たばこを吸う時、燃えているタバコ葉と一緒に空気が入ってくるのですが、フィルターやたばこ葉が詰まっている所は空気が少なく、かなり濃い味になってしまいます。

なので、途中に通気口を作り空気の通り道ができることで丁度良い量と味になるように調整されています。

実はこれかなり便利で、吸っていてちょっと薄いな・・・と感じたらその通気口を塞ぐことで濃い目に調整できたりもしちゃうんです。

逆に、もしたばこの味が濃すぎたり煙の量が多いと感じたら、口や指などで塞いでしまっている可能性があるので点線に触れないように注意しながら吸ってみましょう。

切って吸うのは間違い?

よく耳にするのが点線を切って吸うことで通常よりも濃いタバコを吸うことができるという話ですね。

この点線は通気口という目的で作られているので、そういったちぎって吸うというのは考えられていません。

タバコのニコチンやタール値というのはフィルターを通した時に得られる成分の量なので、フィルターを外せばそれだけ多くの成分を摂ることができますが、それがどのくらいの量になるのかというのはわからないので健康上はあまり良くなさそうですね・・・

強いタバコを吸いたいのであれば、なるべく元々のニコチンやタールの多いタバコを買って吸ったほうが安心かもしれませんね。

まとめ

今回はたばこの点線について気になっていたので実際に意味などを調べてみました。

自分も正直「切って使うのかな?」と思っていたので意外な目的が分かって驚きでした!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。