斜視が治ったアイドル、神谷えりなの写真がかわいい!治療の効果はあったの?

  • LINEで送る

「仮面女子」の神谷えりなは、高校時代から斜視(開散麻痺〈かいさんまひ〉)に悩まされてきた。アイドルなのにファンの目が見られない。ものがダブって見え、立ち位置がわからなくなる。一時はアイドルを断念することも考えたが、2度にわたる手術を受けて、活動を続ける。Yahooニュース

スポンサーリンク

斜視に悩まされていたアイドルとは?

今回斜視に悩まされていたというのが、「仮面女子」というアイドルグループで活動する神谷えりな(かみや えりな)さんです。

神谷えりなさんは高校時代から斜視の一つである開散麻痺という病気になり、アイドルでの活動を始めてからもこの斜視に悩まされていたようです。

斜視はものの見え方や方向感覚に影響があるため、アイドルとしては致命傷なほど神谷えりなさんにとっては大きな壁だったようです。

自らの悩む斜視の状態を知ってもらうため、神谷えりなさんはFacebookにてそのことを画像付きで打ち明けました。

当時の画像がこちら

どうやら左目だけ斜視の症状が出ているようです。症状は不定期なのですぐに対応ができないというのも難しいところ。

しかも強い光にあたるような場所だとさらに悪化するようで、ライブハウスなどのファンと接することができる空間で症状が出てしまうのでつらいですね。

一度は手術を行ったものの、時間が経つにつれ症状が戻ってきてしまったようなんです。

このアイドルとして活動するうえでの悩みは番組でも取り上げられ、神谷えりなさん本人が心境を語っています。

現在の神谷えりなさん、手術は成功?

そんな神谷えりなさんが今回2度目の手術を受け、斜視の症状が改善されたということでファンの間では話題になっています。

前回の手術が2015年頃だっただけに、リスクが大きかったのですが、ファンや周りの人の応援もあって踏み切ったそうですね。

そして、手術は成功に終わりました。

悩んでいた斜視の症状も良くなり、本人としても視界のぼやけなどがなくなったと語っています。

そんな現在の神谷えりなさんの画像がこちら

完全に症状がなくなっています!

以前は左目が内側に寄ってしまうような感じだったのですが、そんな面影すら残っていませんね!

正直症状がある時でもかわいいとは思いますが、現在の写真からはまた違った大人のような雰囲気を感じますね。

本人も性格が変わったような、明るくなったという周囲の声もありますし今回の治療が良い結果を生んだのでしょう!

神谷えりなさんは現在でも「仮面女子」のエースとして活動しています。

これからもぜひ自信をもってステージに上がってほしいですね!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。