有国三知男社長の経歴や評判は?スルガ銀行の今後はどうなる?

  • LINEで送る

スルガ銀行不正融資の問題で社長の米山明広が退任し、後任の新社長に有国三知男氏が就任しました。

やはり一連の問題が話題になったこともあり、今後のスルガ銀行の対応策が注目されていますね。

今回はその舵を切る有国三知男社長がどのような人物なのか調べてみました。

スポンサーリンク

有国三知男の経歴や評判は?

有国三知男社長が新たにスルガ銀行のトップに就いたわけですが、この人物の経歴や評判について気になりますね。

有国三知男氏がどのような人物なのか、プロフィールをまとめてみました。

  • 名前:有国三知男(ありくに・みちお)
  • 年齢:52歳
  • 出身地:静岡県
  • 学歴:立教大学・経済学部卒業

1989年、スルガ銀行に入行。

人事部門に配属され、監査、システムを担当。

経営企画部コンプライアンス部長へ就任。

2016年に取締役に就任。

2018年9月、社長に就任。

有国三知男の評判は?

有国三知男氏の評判は高く、スルガ銀行内では取締役までかなりのスピード出世だったようです。

実質的に創業家一族で仕切られていたスルガ銀行でしたが、その中でも有国三知男は流されない力を持っていた人物で、今回の不正融資問題への関わりが薄いとされています。

今回の問題がスルガ銀行の創業家支配によるものであっただけに、外部からトップを招き入れることが予想されました。

しかし、そのハードルの高さから今回スルガ銀行内で評判の高い有国三知男氏が選ばれたものと思われます。

スルガ銀行の今後はどうなる?

スルガ銀行が今後どのようにして立て直していくのか、有国三知男氏の判断が期待されます。

今回、唯一の創業家外から社長に就任した人物という事で不祥事の原因といわれる創業家支配からの脱却ができるかどうかが焦点になりそうですね。

既にシェアハウス問題などで信用にかなり傷がついしてまっているので、その部分をどう対処していくのか有国三知男の対応に注目です。

スルガ銀行不正融資問題をわかりやすくまとめてみた

今後も今回の問題の早急な解決と対応についての具体的な情報が入り次第追記していきたいと思います。

まとめ

今回は有国三知男社長の経歴や評判について調べてみました。

有国三知男社長は社内での評判は高く、新社長としての対応策や創業家支配からの脱却が期待される人物であることが分かりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

スルガ銀行不正融資問題をわかりやすくまとめてみた

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。