つらい夏バテの原因はコレだった!?その対策方法について!

  • LINEで送る

夏になると、なんだかやる気が出ない・・・いつも疲れているような感じがする。

それはもしかしたら夏バテしているかもしれません。夏バテは行動力を消し去る夏の大敵です。

今回は夏バテの原因と対策について調べてみました。

スポンサーリンク

夏バテはこんな症状

夏バテの症状はいくつかあります。

全身の気だるさ

頭がぼーっとする

食欲がなくなる

下痢もしくは便秘

立ちくらみする

身体にむくみがある

頭が痛い

熱がある

クラクラとめまいがする

熱中症とよく似ているので、上のような症状がでたら注意しましょう。

夏バテはコレが原因!

夏バテは主に自律神経の乱れからきていると言われています。夏の暑い日に、体の体温を調節する昨日が不十分なため、適応できずに疲れが出てしまいます。

このまま暑い時期を迎えてしまうと熱が体にこもってしまい、様々な病気の原因となってしまいます。

さらに冷房などによって暑い場所、涼しい場所を行ったり来たりするので、

さらに身体の温度調節するための機能がうまく働くことができなくなることが原因となります。

夏バテを対策しよう!

気をつけておくことで出来る夏バテの対策にはいくつかあるので紹介します。

冷房の温度に注意!

あまり下げすぎると外との温度差が、大きくなるのでよくはありません。できれば28℃の設定で乗り越えましょう。

無理ならひざ掛けなどを利用したり、上着を着たり脱いだりしてうまく温度調節をして身体を冷やしすぎないようにすべきですね。

もうひとつ利用したいのが扇風機です。風の流れがあれば体感温度は下がるので、冷房の温度を下げすぎなくても涼しく過ごせます。

飲み物の冷たさに注意!

冷たいものをガブガブと飲んでしまうと、胃腸が弱ってしまうんです。胃腸が弱ると食欲がさらに落ちたりします。

さらに栄養の吸収が減ってしまうので、夏バテをさらに悪化させます。もちろんアイスの食べ過ぎもだめです。

水分はこまめに!

もちろん冷たいものをがぶ飲みはダメ!出来ることなら温かい、常温の飲み物を撮るようにしましょう。

そして、ノドが乾いたと思ったときにはすでに水分不足になっています。

こまめに水分補給するようにしましょう。

睡眠をしっかりと!

休むことは夏バテの対策に有効です。暑くて寝られないかもしれませんが、工夫してなんとか寝たいです。

個人的に良いと思ったのは、熱さまシートをおでこなどに貼り付けてねると涼しく寝られると思います。

クーラーは自動で止まるように!

扇風機は直接風が当たりつづけないように。寝ている間は体温は下がります。風が当たったり、低い温度のままだと逆に疲れてしまいます。

夏バテになってしまった場合はとにかく、身体を休めることと栄養を摂ることが、回復するために必要です。

まとめ

毎年夏になると、どうやって乗り越えるか・・・としんどくなってしまいますよね。

あらかじめ、夏バテなどの諸症状にフォーカスして、一つ一つ対策をしていきましょう!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。