水道民営化のメリットとデメリットは?生活への影響はある?

  • LINEで送る

最近日本中で様々な出来事が重なっているせいで埋もれている「水道の民営化」という話題。

水道民営化を含む水道法改正案が、衆議院で可決」という報道を聞いたことある方も多いはず。

ニュースでもあまり詳しく報じていないせいでその全容があまりわからず不安に思う方も多いのではないでしょうか?

そんな中で、ざっくりと気になるのが水道が民営化されることで私達の生活にどんなメリット、デメリットがあるのかということですよね。

スポンサーリンク

水道民営化のメリットは?

水道が民営化されることで国や企業へのメリットについて語られることは多いものの、一体私達にどんな恩恵があるのかっていまいち分からないですよね。

結論から言ってしまうと民営化することで「水道をより安定的に供給できる」ことが最大のメリットだとされています。

こう言われてしまうと今まで特に不自由なく水道を使えていた人にとっては大したメリットになっていないのでは?と感じてしまうかもしれません。

体感的に言うと実際にその通りなのです。

水道の民営化によって大きく変わる部分は水道への設備投資水質管理のコストが減少し、財政負担をなくすことが目的なので、あまり直接的に私達へのメリットというものを感じることはできないでしょう。

強いて言えば断水する地域ではそれが減少したり、水道環境の悪い箇所があれば交換したりと、細やかな改善はあるかもしれませんね。

デメリットは?

気になるデメリットとしては「水道料金の値上げ」が行われる可能性が高いです。

水道を扱う企業が今後出てくれば、当然その企業は水道で利益を上げることを考えるでしょう。

水道料金はもともと逓増制というシステムが採用されており、使用量が増えるほど水量当たりの料金単価が高くなります。

逆に使用量が少ない家庭では料金が給水原価を下回っています。

下回ってしまった料金をどうやってカバーしているのかと言うと、利用料の多い顧客(工場など)から回収することで補填しています。

この考え方は「所得の再分配」といって国営の公共事業ならではのものだったのですが、これが民営化された場合、民間企業はこの考え方を持つ必要はなく、より利益率の高い料金システムを使うことができます。

今後、設備投資や環境整備などにかかる費用として、水道料金の値上げが行われるということは現実的に起こりうると考えても良いでしょう。

まとめ

今回は水道民営化に関するメリットやデメリットについて調べてみました。

今後も水道の民営化に関する更に具体的な状況が分かり次第、さらなるメリット、デメリットを細かく調べて行きたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

水道の民営化はいつから!?料金や契約はどうなる?

水道民営化は失敗する!?海外の事例をチェック

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。