ストレスは不眠の原因?リラックスして体を養おう!

  • LINEで送る

今の世の中で生活している私たちは、日々、どれほどのストレスにさらされているのか分かりませんね。

受けているストレスの量を数字で計ることは出来ませんが、相当な量のストレスを受けながら毎日の生活を送っているのでは?と想像されます。

この記事では、ストレスが原因で不眠になることはあるのかということと、その解消法について紹介します。

それでは、まず、ストレスが体全体に、どんな影響を与えているのかを整理してみましょう。

スポンサーリンク

ストレスが体に与える影響は?

ストレスが重なると体には以下のような現象がおこりやすくなってしまいます。

  • ・免疫システム:体の免疫力を低下させ、風邪や感染症などにかかりやすくなる
  • ・神経系:ストレスホルモンが過剰に分泌され不安や無力感を感じ、それが高じるとうつ病にもつながる
  • ・循環器系機能:循環器系の指標として用いられる血圧や心拍数に変化が現れる
  • ・消化器系機能:下痢や便秘になったり、胃酸の分泌が遅くなって、大腸の働きにも影響を与える

この他にも症状として現れるものが多くあるんですね。

具体的には

  • ・呼吸の乱れ
  • ・脈拍の乱れ
  • ・血圧上昇
  • ・肩こり
  • ・疲労感
  • ・不眠
  • ・食欲不振、過食
  • ・体重減少、増加
  • ・胃のもたれ

などがあります。

ストレスは体に及ぼす影響はもちろん、不眠症などの精神的な影響も大きいのが特徴です。

それではストレスが原因であることによる不眠という症状について、解消する方法はないのか?ということがきになりますよね。

実は不眠を解消するには意外な方法が使えるということがわかったんです。

不眠を治すには?

シンプルに言うと、ストレスのない状態、またはそれが少ない状態であることが望ましいです。

しかし、現実はストレスが軽減されるばかりか、どんどん溜まっていく世の中なんですね。

そこで、そんな中でもせめて不眠を和らげられるような方法を紹介します。

  • 寝室の条件:音、光、温度湿度、雰囲気の調整をする
  • 自分に合った寝具選び:敷布団、掛け布団、枕を調節し、自分に適したものにする
  • 寝る前の準備(就寝前にすると望ましいこと、好ましくないこと)

基礎的ところではこういった小さなことで眠れるようになる人が多いです。

更に就寝前にやってはいけないことがあるんですね。

  • ・寝る直前に熱いお風呂に入る
  • ・コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物を飲む
  • ・就寝前の食事やおやつ
  • ・睡眠薬代わりの寝酒
  • ・勉強や激しい運動をすること
  • ・テレビ、ゲーム、パソコンなどを就寝直前まですること
  • ・就寝前の喫煙

これらは脳や自律神経を覚醒させて、眠りを悪くさせてしまう恐れがあるのでなるべくやらないようにしましょう。

まとめ

これらはあくまでも不眠を抑える一部の方法にすぎません。

様々な環境や悩み、病気などが原因であると思ったら、まずはその原因を解消することを優先しましょう。

また、ムリをして眠ろうとするとそれだけでもストレスになっていまいますので、基本はリラックスした状態を保つことを意識しましょう。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。