白猫終了予定のリークを調査!2018年のサービス継続は!?

  • LINEで送る

今まさにコロプラと任天堂の間では訴訟問題に発展している最中ですね。

今回の事件を受けて、巷では白猫プロジェクトが終了するかもしれないという話がささやかれています。

これについてコロプラ側ではサービス終了の予定などが話し合われている可能性があることが分かりました。

それを受け、今回は内部リークやサービス継続の可能性について調べてみました

スポンサーリンク

白猫終了予定のリーク!?

コロプラの代表的なゲームといえば「白猫プロジェクト」ですよね。

コロプラの訴訟問題について波紋が広がっていますが、もし任天堂側が勝訴すれば白猫プロジェクトのサービス終了は濃厚となります。

というのも、今回任天堂側が求めた訴えには明確に「ゲームの配信差し止め」という文言が記載されています。

なので、今回の裁判が終われば特許侵害といわれる技術のはく奪だけではなくゲームの配信差し止めも行われることになります。

「白猫プロジェクト」が大黒柱になっているコロプラからこのゲームが失われれば、最悪倒産に至るという事も視野に入れなければなりませんね。

コロプラの倒産問題についてこちらで詳細をまとめています。

コロプラが2018年に倒産する可能性は?不祥事の補償金や賠償額について

実際に、コロプラ内部ではこの問題についてかなりざわついているようです。

というのも特許侵害となった操作面での技術は「白猫プロジェクト」意外のゲームにも使われているため、ほとんどのゲームでサービスが継続できなくなる可能性があるのです。

おそらく現段階で敗訴する可能性が高いと見られれば、既に白猫プロジェクトのサービス終了を予定する話が出ていてもおかしくありませんね。

今回の一件についてリークされた情報によると任天堂のゲーム「スーパーマリオカート」や「どうぶつの森」によく似たイベントが、「白猫プロジェクト」にあったことが指摘されているというものがあり

以前から技術面以外についても任天堂による注意を受けていたことが判明しました。

この指摘についてコロプラ側では「詳細については答えられない」と明言を避けている状況ですので、今後も詳しい情報を追及していく必要がありますね。

2018サービスは継続になる?

やはり白猫プロジェクトをプレイしているユーザーとしてみれば2018年以降のサービス状況についても気になりますね。

特に課金しているユーザーからしてみれば近いうちにサービス終了なんて言われては不安しか沸き上がりません。

筆者自身も白猫ユーザーということもあり、正直かなり心が揺れ動いております(笑)

長年キャラクターやスキルのために時間を費やしてきたわけですから、できるなら今後もサービスを継続してほしいですよね。

調べてみたところ、コロプラがサービス継続のために行う対処法として特許侵害と言われた技術の使用を取りやめることやゲームタイトルの変更を行う可能性があります。

特許技術に関しては、おそらく「ぷにコン」と呼ばれるジョイスティック方式の操作システムにあたるのでしょうか。

それが廃止となり、代わりの操作方法に入れ替えることができれば問題が解決できる可能性がありますね。

また、任天堂側から「ゲーム配信の差し止め」が要求されているため、今の「白猫プロジェクト」としてのタイトルを終了し、新たなゲームとして再始動をかけることでサービスの継続を図るのではないかと推測しています。

現段階では憶測の域ですが、今後コロプラがどのような対応を行うかが非常に重要になってきますので、引き続き情報をチェックしていきたいと思います。

まとめ

今回は白猫プロジェクト終了予定や2018年のサービス継続について調べてみました。

現段階では悲観的に考えてしまうことも多いですが、今後の状況が良くなることを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

コロプラが2018年に倒産する可能性は?不祥事の補償金や賠償額について

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。