セブンイレブンの100円ビールの味は?まずいと言われる理由を調査!

  • LINEで送る

セブンイレブンが7月17日からスタートする新商品「100円ビール」が世間でも話題になっていますね。

なんといっても驚きなのが100円でビールが飲めてしまう手軽さです。

以前から100円コーヒーなど、低価格を攻めてきたセブンイレブンですが、とうとうビールまで100円で出してしまうとは・・・

しかし、気になるのはそのビール、果たしてどんな味なのか気になりますね・・・

スポンサーリンク

セブンイレブン100円ビールの味は?

セブンイレブンが発売する100円ビールですが、一体どんな味なのかが気になります。

実際に飲んで確かめたいところではありますが、現時点では一部店舗のみで飲めるようで、私の地元の店舗に置かれるのはもう少し先になりそうです・・・

レビューについては発売後、稼働している店舗にて実際に飲んできたいと思います!

今回は実際にセブンイレブンの100円ビールがどのようなものなのかを詳しく調べてみました!

どうやらセブンイレブンで発売される100円ビールの銘柄は「キリン 一番搾り」を使っているそうです。

キリン一番搾りは麦芽を100%使用しているビールで、渋みが少なく上質なコクのある味です。

ちなみに、こちらの商品は500ml缶だと¥208です。

ということで、セブンイレブンの100円ビールの味はキリン一番搾りの味でした!

・・・と言って終わってしまうわけにもいかなさそうです(笑)

実はビールの味は銘柄だけでは決まりません。

そのビールを注ぐビールサーバーによっても実際に飲むときの味わいというのは左右されます。

ビールの保存状態や冷却温度、注ぐときの強さや量によっても口につけたときの感触が変わってしまうほどです。

セブンイレブンのビールサーバーは美味しいビールを美味しく注いでくれるのか・・・

これについては後ほど追記するレビューに詳しく書きますのでぜひ御覧ください!

まずいと言われる理由は?

一部ではすでに「セブンイレブンのビールがまずい」という声が上がっているそうです。

ただ、この意見は全国的にセブンイレブンのビールがまずいということではなく、一部の地域や店舗で言われているそうなんです。

これについて結論から言うと、ビールの味がその店舗のビールサーバーの管理状態に左右されているという可能性が高いです。

セブンイレブンのコーヒーなどと違い、ビールサーバーに保存されているのはビールそのものです。

保存期間が長ければそれだけ味が落ちるし、保存状態が良くなければ当然味も落ちてきます。

適切に手入れされているビールサーバーであれば常に本来の味でビールを楽しむことができますが、状態が悪ければビールも不味くなっていくでしょう。

100円ビールがまずいと言われている店舗では、ビールサーバーの管理を見直す必要があるんじゃないかと思います。

まとめ

今回はセブンイレブンの100円ビールの味やまずいと言われる理由について調べてみました。

・セブンイレブンの100円ビールは「キリン 一番搾り」を使っている。
・ビールの味はビールサーバーによって変わってしまう。
・まずいと言われる理由はビールサーバーの管理が良くない可能性が高い。

まだまだ秘密が多いセブンイレブンの100円ビール。今後もレビューなども含めて詳しく調べていきたいと思います!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。