整体の種類や効果が現れる回数は?適切な処置が大切!

  • LINEで送る

長時間のパソコン作業やスマホの普及による肩こりや頭痛など現代では社会現象にもなっています。
体のだるさや痛みは人それぞれで「整体に行って来なよ!」と家族や同僚に言われてもお金がかかったりせっかくお金をかけても本当に効果があるのか?
また、整体はどんなものがありどこに行けば良いのか?など目的別に整体の種類を紹介していきます。

スポンサーリンク

症状にあった処置をするためにも通院が大切

整体にはその症状にあったいくつかあり症状に合わせた処置や目的別に整体のプログラムが変わっていきます。
例えば、頭痛を伴う肩こりの場合だと手を動かす度に痛む、頭痛から目の奥が痛み出すなど症状がいくつもある場合だと原因が肩こりだけではない場合が考えられます。
その場合肩こりだけを改善しようとしてもダメなことがわかると思います。
そうした原因の発端から数回の通院を重ねて症状を見ていく必要性も出てくるのです。

整体の効果をしっかり実感できるのは最低でも5回は通院するべき

整体というのは一度や二度利用しただけでは実感して症状の改善は出にくいものです。
それはなぜかというと症状の改善には一定のプロセスがあると整体院が公表しています。
確かに肩を揉んだり家でもできる体操をするとその日は楽に感じたりしますよね。
ですが、「症状が和らぐ→また戻る」 この繰り返しをしていくことになります。
よって統計では最低でも5回は通院をすることが推奨されています。
しかし、症状の進行具合によっては適切な処置をしないと悪化してしまう可能性があります。

目的にあった整体院を選ぼう

整体と一口に言っても種類は多く、初めて利用するにはなかなかわからないものです。
今あなたは何を改善、治療したいのかを考えて目的にあった整体院を選びましょう。
ここでは整体の種類について紹介したいと思います。

接骨


怪我や思わぬ事故により骨折や脱臼など自然には治せない関節疾患の治療は接骨院です。

整形外科と似ているものもありますが関節機能の回復を目的にしている治療法です。

スポーツ整体

名前の通りスポーツ選手や普段からよく運動をしている方の整体法です。
筋肉の酷使や態勢を維持することによる筋肉の疲労や関節の消耗などを調整する整体法です。

マタニティ整体

骨出産を機に開いた骨盤の歪みを調整する整体法です。
産後整体、美容整体などとも呼ばれており体全体の美容効果も期待されている整体法です。

指圧整体

肩こりや首のこりなどを指の指圧を使いツボを刺激して痛みやこりの改善をする日本の手技整法です。

鍼灸

肩や腰など鍼をさす、または灸を据え、直接体の特定部分に刺激を与える治療法です。

まとめ

今回はこれから整体に行きたいという方に向けて大切なことと種類について紹介しました。

  • 症状にあった処置をすることが大切

  • 整体の効果はプロセスがあり通院が大切

  • 目的にあった整体を選ばないと効果はない
  • これらの事を考え、適切な処置をしていきましょう!
    最後までご覧いただきありがとうございました!

    スポンサーリンク
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください