広島のシュモ―ハウスってどんな家?場所や地図はある?「この世界の片隅に」関連展示も!

  • LINEで送る

今夜放送される「奇跡体験!アンビリーバボー」で紹介されるフロイド・シュモーという人物。

彼が立てた「特別」な家が実は日本にあるんですね。

その名も「シュモー・ハウス」と言われています。

番組でも紹介されるのではないかと思いますが、このシュモーハウスについて気になる方もいるのではないでしょうか?

今回はそのシュモーハウスの存在と、行ってみたい!という方のために場所について調べてみました。

スポンサーリンク

シュモーハウスってどんな家?

第二次世界大戦、アメリカによって日本の広島に原子爆弾が投下されたことで、その悲惨な光景を目にしたフロイド・シュモー氏は憤りを感じ、ある行動を起こしました。

それが広島復興のために家を建てたことなんですね。

フロイド・シュモー氏は日本人ボランティアと共に、計20戸の家屋を完成させました。

これを個人の力で行うというのはすごいことですよね。

そして2012年、現存する最後の一戸が「シュモーハウス」と名付けられ、広島平和記念資料館の付属展示施設として保存されています。

シンプルな作りですが、これが現在まで残っているということもすごいですよね!

この背景や詳細について、番組で放送されると思いますので、気になる方は番組をチェックしてみましょう!

シュモーハウスの場所は?地図はある?

実際にこのシュモーハウスを訪れてみたいという方もいるのではないでしょうか?

シュモーハウスにはフロイド・シュモー氏に関する展示品の他に、同じ舞台が江波ということもあり

映画「この世界の片隅に」についての関連展示も行っています。

場所について、シュモーハウスが展示されている「広島平和記念資料館」へのアクセスは以下のようになっています。


●JR広島駅から
・路線バス/所要時間:約20分
南口バスのりば3番から、広島バス24号(吉島)線「吉島営業所」または「吉島病院」行、「平和記念公園」下車すぐ
・観光循環バス「めいぷる~ぷ」/所要時間:約17分
新幹線口「めいぷる~ぷ」のりばから乗車、「平和公園前」下車すぐ(オレンジルート・グリーンルートも「平和公園前」を経由します。)
・市内電車/所要時間:約25分
広島港行(1号線)、「袋町」下車、徒歩約10分
西広島行(3号線)、 江波行(6号線)、広電宮島口行(2号線)、「原爆ドーム前」下車、徒歩約10分
・タクシー/所要時間:約15分

●広島空港から
・リムジンバス/所要時間:約70分
空港ターミナルビル1階到着フロア1番ホームから、広島バスセンター行、終点下車、徒歩約10分
・タクシー/所要時間:約50分

●広島バスセンターから
・徒歩/約10分

●広島港(宇品港)から
・路線バス/所要時間:約25分
広島バス21号線広島駅、向洋大原、洋光台団地行、「中電前」下車、徒歩約10分
・市内電車/所要時間:約35分
広島駅行(1号線)、西広島行(3号線)、「中電前」下車、徒歩約10分
・タクシー/所要時間:約20分広島平和記念資料館

シュモーハウスは「広島平和記念資料館」に展示施設として管理されているので、見に行きたいという方は

こちらのサイトをぜひご覧ください!→http://hpmmuseum.jp/

まとめ

いかがだったでしょうか?

シュモーハウスにはフロイド・シュモー氏の生涯で日本人のために残してくれた様々な支援の記録などが残されています。

日本ではフロイド・シュモー氏の知名度が低いのですが、彼のことを知れば知るほど、世界平和に対しての姿勢を感じることができます。

フロイド・シュモー氏のことが気になる方はぜひこのシュモーハウスへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。