テレビ朝日新ドラマ「さよなら、きりたんぽ」に秋田県が猛抗議!理由は?

  • LINEで送る

テレビ朝日系で放送予定だったドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」のタイトルについて、「きりたんぽ」のイメージを損なう恐れがあるとして秋田県などが抗議し、同局が謝罪してドラマ名の見直しを発表していた問題で、ドラマに俳優のえなりかずきが「えなりくん」という役名で出演しており、タイトルが「サヨナラ、えなりくん」に変更されたことが21日、明らかになった。Yahooニュー

スポンサーリンク

突然のタイトル変更、理由は?

テレビ朝日系で放送予定の新ドラマ「さよなら、きりたんぽ」がなぜか秋田県などの抗議をうけて「さよなら、えなりくん」に変更することとなりました。

「さよなら、きりたんぽ」といえばまゆゆこと渡辺麻友さんとえなりかずきさんが共演することで話題になっていますね。

それでは、いったいなぜ今回のドラマは秋田県の抗議を受けることとなったのでしょうか?

実はこのドラマのジャンルはラブコメディーなのですが、内容は1936年に発生した阿部定事件をモチーフにしています。

渡辺さん演じる桐山さおりが「純愛を貫き通すため」「理想の男性に裏切られた復讐のため」「愛の方向性がズレたため」といった理由で相手男性の下腹部を切断するというかなり衝撃的な設定なのですが・・・

こういう内容ということもあって、タイトルに使われる「きりたんぽ」のイメージが悪くなるとして、秋田県などが講義をしていたということなんですね。

確かにきりたんぽと聞いてこのドラマを思い出す人がいるとすれば、きりたんぽを純粋な気持ちで受け入れられなくなりそうですね・・・

そういった理由で、ドラマは「さよなら、えなりくん」に変更となりました。

また実際の内容には「下腹部を切断する」という表現はなく「特殊能力を発揮する」という流れになっているそうです。

渡辺麻友さんとえなりかずきさんの絡みは?

気になるのが今回のドラマの内容ですね。

渡辺麻友さん演じる桐山さおりは純愛を貫くというキャラクターの元、クセのある男性をいかに愛し続けるかというところが見どころです。

また「特殊能力が使える」というのも気になりませんか?

いったいどんな特殊能力なのでしょうか?相手の男性はどうなってしまうのでしょうか?

えなりかずきさんが演じるのはそのまま「えなりくん」ということになりますが、このえなりくん、実は“悪キャラ”なんだそう。

なかなかえなりかずきさんの悪キャラというのは見れないのでどのような演技になるのかが気になりますね。

えなりかずきさん自身もこのドラマに対して「僕の想像力をはるかに超えた企画でしたので、どういうものになるかまったく想像がつかなかい

と、コメントしています。いったいどのような展開になっていくのか、目が離せませんね!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。