指原莉乃プロデュースの声優アイドル「=LOVE」デビュー曲は?作曲はだれ?

  • LINEで送る

「代々木アニメーション学院 Presents 指原莉乃プロデュース声優アイドルオーディション」最終審査通過者発表会見が2017年4月29日、代々木アニメーション学院 東京校 水道橋校舎にて開催され、最終オーディションを通過した12歳から20歳までの13名(平均年齢16.7歳)がお披露目された。Yahooニュース

スポンサーリンク

デビュー曲はどうなる?

無事にオーディションが終わり平均年齢16.7歳、13人のアイドルが登場しました。

指原莉乃さんもこのメンバーの選抜にはかなり悩んだそうで、鼻血を出してしまうほどだったと語っています。

気になるのは、今回結成されたアイドルグループ「=LOVE」のデビュー曲がどのようになるのかということですね。

現在このアイドルのプロデューサーでもある指原莉乃さんは既に楽曲の手配をしているそうで

秋元康氏の楽曲を担当している方にお願いしているんだとか。いったいどんな曲になるのか楽しみですね。

今回は普通のアイドルとはまた一遍変わった「声優アイドル」とのことなので

楽曲ではそのアイドルたちの声が魅力となってくるでしょう。

作曲者はだれになるのか?

活動を本格化させる「=LOVE」ですが、いったい楽曲の制作は誰が担当するのでしょうか?

今までのアイドルの曲をプロデュースしている方を見ていると、AKBなどの作曲は公募で決められることが多いそうです。

今のところ指原莉乃さんは秋元康氏の作曲担当の方に任せているということなので、公募になるという可能性が大きいですね。

ただ、例としてはきゃりーぱみゅぱみゅやperfumeなど、中田ヤスタカさんという専属の作曲者がついてリリースされるということもあります。

現時点では公表されていませんが、デビュー一発目というのはそのアイドル自身の今後を決めるということなので慎重に検討されているのでしょう。

良い楽曲が生まれると良いですね!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。