逆子の治療は自宅でお灸が効果的!?簡単なやり方とおすすめなお灸の種類は?

  • LINEで送る

皆さんこんにちは!

最近は芸能人の方々の妊娠報告を多く聞くようになり、おめでたいですよね。

ただ、中にはおなかの赤ちゃんが「逆子」になってしまっているという方も多く

無事にお子さんが生まれてくれるのか不安・・・という方もいらっしゃいますね。

しかし最近ご出産予定の芸能人の方の話では

どうやら逆子の治療をしているという方もいるらしく

調べてみたところどうやら逆子には「お灸」が効果的だという事が分かったんですね。

さらに、今回は逆子治療に効果的な「お灸」による治療が自宅で簡単にできてしまうという事で

いったいどんなやり方なのか、どんな種類のお灸が効果的なのかについて調べてみました!

スポンサーリンク

逆子治療は自宅でもできる?

逆子治療といえば病院で長期的に診てもらうというイメージがあり

頻繁に病院にいかなりといけなかったり、コストもかかってしまうと思う方も多いと思います。

もちろん、逆子の治療に関しては病院に行くことが大切なのですが、

その治療期間を少しでも和らげたり、確実に逆子を戻したいと思う方にとっても

自宅でのケアは効果的だと言われています。

また、経済的な理由から病院にあまりいけないという方でも

逆子を戻すための方法としては良いものなのではないかと思います。

この治療で大切な事は、身体を温めるという事です。

お灸などを使用するのも、この身体を温める効果によって全身の血流がよくなっていき、

おなかの赤ちゃんも活発になることによって自然と逆子から戻る事が期待できるからです。

それでは実際に家でもできる簡単な治療方法について書いていきます。

簡単なやり方は?

家でもできる簡単な治療方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

治療といっても基本的には体を温めることが出来ればよいので

そこまで医学的な知識は必要ありません。

今回はお灸を使った方法なのですが、お灸を使ったことがない方からしたら正直難しそうに感じますよね?

しかし、最近は自宅で個人でもできる簡単なお灸が発売されていますので、ご紹介します。

せんねん灸と言われるものです。

せんねん灸をAmazonで探す

これは自宅でだれでも簡単に使えるお灸として大ヒットしているものなので、使うお灸に迷っていたらこちらの商品がおすすめです!

それではお灸を使った治療方法について書いていきます。

もし、家の環境などでお灸が用意できないという方でもできる方法なので、気軽に試してみてください!

お灸によって身体を温めることが最も効果的になるポイントはツボを重点的に温めることです。

特に逆子に効果的なツボが二つあります。

それが三陰交至陰と呼ばれるツボです。

三陰交は身体を内側から温める効果があり、逆子の治療の他にも下痢や冷え症にも効果があります!

三陰交のツボの場所はというと、足のくるぶしの頂点から、指4本分の位置にあります。

せんねん灸がある方はこの位置に貼り付け、ない方は温めた蒸しタオルなどを巻いて上からマッサージするように押してみましょう。

次に至陰について。

至陰は全身の血流を促進する効果があり、体の動きが良くなっていくことで効果的なツボです。

ツボの場所は足の小指の端にあります。

こちらも同じように小指の上にお灸を置くようにして温めるか、指でマッサージをしていきましょう。

それぞれ1日に朝昼夕で3回、2週間までは毎日行うようにしましょう。

特に逆子が治りにくい方は至陰が温かいと感じづらいようで、

もしそう感じたら念入りにツボを刺激してあげましょう。

まとめ

今回は自宅でもできる簡単にできるお灸による逆子治療について調べてみました。

意外と逆子というのは治療によって戻せるという事が分かり驚きでした。

気になる方はまずは医師の方に相談しながら治療していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。