クレディセゾンの全正社員化の理由と内容や条件は?待遇は変わる?

  • LINEで送る

 クレジットカード大手のクレディセゾンは14日、社員区分を撤廃し、全従業員を正社員化すると発表した。約2200人が新たに正社員に転換し、従業員3900人が同じ雇用形態になる。9月16日から導入する。yahooニュース

今回のクレディセゾンさんの新制度、今後の雇用形態に大きな革命を起こすのではないかと期待がかかっています。

いままでアルバイトやパートとして働いていた従業員を全員正社員化する。という会社は例をみませんでした。

今回はこの前例のない雇用制度の気になる詳細について調べてみました。

スポンサーリンク

正社員化の理由は?

今回新たに正社員となったのは今まで時給制など、正社員と異なる契約形態だった2200人に従業員です。

ここまで大きな雇用の変化が起こったのはなぜなのでしょうか?

まず第一の理由として、昨今の労働環境を意識しているという背景があります。

最近では夫婦の共働きや、育児、介護をしながらの勤務をする人が多くいますよね。

今までの労働形態が、そういったライフスタイルを圧迫しているということで社会問題になっていました。

日本では前々からそういった労働環境の改善を推し進めてはいるのですが、なかなか浸透しないことが現状です。

そんな中、クレディセゾンはそのための具体的な改善策として、全正社員化という大きな動きに出たのだと思います。

有給休暇を1時間単位で取得できるようになるほか、育児、介護などの理由で、最大2時間短縮できる短時間勤務も導入するなど、

労働環境の改善に前向きな姿勢がみられますね。

第二の理由として人材不足を補うという意味での正社員化があるのだと思います。

時給制のアルバイトやパートというのは契約上任せられる仕事が限られています。

なので、いくらたくさんのアルバイトやパートを雇っても任せられない部分の仕事で人手不足が発生してしまうんですね。

そういった人も正社員化することで、多くの仕事を担うことができるため、人手の偏りを解消することができます。

こういった様々な利点を加味して今回の正社員化に踏み切ったのでしょう。

正社員化の内容や条件はある?

今回の全正社員化、どのような内容になっているのでしょうか?

大きな変化としては、契約形態が無期雇用になること、時給だった給与が月給制になること。

年2回の賞与が支給され、確定拠出も加入できます。

まさに一般的な正社員としての扱いになるということですね。

ただ、本部で働く正社員との業務内容は別であるので、それに応じた手当などは区別されそうですね。

また、給与が上がるというわけではなさそうなので、主に正社員による待遇に期待する制度となりそうです。

また今回の正社員化によって、これからパートなどで採用を希望する方にとっての条件はどのように変わるのでしょうか?

具体的な雇用条件の変化について情報などは出ていませんが、おそらく条件が厳しくなるのではないかと思います。

全従業員の正社員化に伴ってやはり雇用人数に上限というものが作られるので、採用枠も少なくなりそうですね。

今まで働いていた従業員の方にとってはメリットが大きいですが、短期間で働きたい方や、新規で応募する人にとってはデメリットとなりそうな雰囲気ですね。

待遇は変わる?

全正社員化で待遇はどのように変わるのでしょうか?

クレディセゾンによると今回の制度によってすべての従業員が「同一労働同一処遇」になると話しています。

すべてが正社員になるということで、賃金の形態や休日、保証制度が統一されるということで、待遇はかなりよくなるのではないでしょうか?

クレディセゾンといえばクレジットカード会社としても大手ですので、そもそもの待遇が良いです。

いままでのアルバイトやパートだった方がそこまで手厚い待遇を受けられるのなら、メリットは大きいのではと思います。

気にあるのは責任の面で、一体どこまでの仕事を請け負うことになるのでしょうか、また、損失などによってどの程度責任を負うのかというのも気になるところです。

これについて、今後新たな情報があれば追記していこうと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回のクレディセゾンの動き、他の企業への刺激になると良いですね。

また、もし自分の会社がこうなった時、内容がどんなものなのか比較する指標にもなりそうです。

気になる方はぜひこの制度についてチェックしてみてください!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。