ロンドンで新たなテロ事件!ヨーロッパ旅行は危険?安全に旅をするには?

  • LINEで送る

イギリス・ロンドン中心部で日本時間4日朝、車が暴走したあと、近くの市場で女性が刺され、少なくとも2人が死亡した。警察は、テロ事件として捜査している。
事件は、橋とその南側にある市場で起きた。
警察は、6人が死亡したと発表した。Yahooニュース

スポンサーリンク

またしてもヨーロッパでテロ事件

実際にテロ事件が発生した現場はテムズ川の南北を結ぶロンドン橋の周辺。

この辺りは繁華街となっており、多くの人が集まる場所でもあります。

イギリスは週末ということもあり、仕事終わりの人や観光客などで賑わっていたそうですね。

事件の状況としては、橋の北側から来たワゴン車が時速約80キロの速さで歩道に乗り上げ、通行人を次々とはねたとのこと。

しかし、事件はこれだけでは終わらず、
車が止まると、中から人が3人出てきた。最初は救護しようとしているのかと思ったが、人を蹴ったり、なぐったりし始め、ナイフを取り出した

と、地元メディアの取材を受けた男性が語っています。

襲撃の中で、犯行グループは「これはアラーのためだ

と叫んでいたようで、イスラム系の組織による犯行である可能性が高いですね。

ヨーロッパ旅行、今はやめたほうがいい?

最近は特にヨーロッパ全体を狙ったテロが増えています。

フランス、ドイツ、イギリスは特に人口も多く、主要な都市があるため

集中的に狙われてしまうのでしょう。

これからヨーロッパ旅行へ行くには危険なんじゃないか?という不安感が残りますよね。

とはいってもこんな大きなイベントをいきなり中止にする・・・というのも難しい話。

「旅行は楽しみたいけど、テロに合わないか不安」という気持ちになられている方も多いのではないでしょうか?

とはいえどもテロリストも「じゃあ○○日の○○時にテロやりまーす」なんて事前に行ってくれる訳もなく

常にどこで何が起きるかわからない状況なのは確かです。

そこで、実際に旅行に行ったときになるべくテロによる事件に遭遇しないように気を付けるべきポイントをまとめてみました。

なるべく安全に旅行を楽しむには?

私たちは旅行へ行った際、テロへの遭遇をあらかじめ知ることも、それを止めることもできません。

なので、自分たちにできることはその状況をできるだけ避けることです。

もし仮に旅行先の国でテロが発生したとしても、その現場から離れていればいるほど助かる確率は高いです。

特にピンポイントに襲撃を行う今のテロのやり方では10m離れているだけで生存率が全く変わります。

それでは、実際にテロが起きる場所を避けるには何を知っていればよいのでしょうか?

最も意識すべきポイントを挙げてみましょう。

主要都市や、人口の多い場所を避ける

テロリストの狙いは多くの人間の目に触れること、

なるべく被害を大きくすることでメディアに取り上げられることです。

なので、主要な都市や人口の多い場所は特に狙われやすいので注意が必要です。

過去に狙われたことのある場所を避ける

一度テロが行われた場所は、そこにたどり着くまでの経路や被害の規模が分かっているということもあり

もう一度狙われる可能性が高いです。

ただ、そういうところはかなり警戒されているのであえて場所をずらして犯行を行われることもあるので

その周辺もかなり危険ですね。

なるべく大人数で行動しない

先ほどの人口が多いという部分ともつながりますが、

テロリストは少しでも多くの被害を出したいと考えています。

なので一般的に一人でいる人間を狙う犯罪者とは反対に、大人数でいればいるほど被害に合う可能性は高くなります。

ただ、一人で行動するのも別の意味で危険なので、2~3人で行動するのがベストでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回のテロも上記に当てはまるポイントが狙われていますので

これから旅行に行く方はぜひこちらのポイントを参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。