REIKOの経歴と手話ダンスの動画や解説はある?ハートネットTV出演!

  • LINEで送る

みなさんこんにちは。

11日の番組「ハートネットTV」にダンサーのREIKOさんが出演します。

みなさんはこの方をご存知でしょうか?

あまりメディアには出ない方なのでわからないという方も多いと思います。

実はこの方のお母様が障害を負っていて、そのために「手話ダンス」というものを披露するんですね。

今回はあまり知られていないREIKOさんの経歴について調べてみました。

スポンサーリンク

REIKOの経歴

REIKOさんという方はどのような経歴を持っているのでしょうか?

年齢は公開されていませんがお姿を見る限り20代後半と思われます。

出身地は主に関西方面のツアーや番組に出演していることが多いので、

関西出身の方なのでしょう。

趣味はダンス、お酒だということですね。

職業はご存知の通りダンサーをしています。

ジャンルとしてはジャズに乗せたダンスを得意としているようですね。

歌手のAIさんのサポートダンサーとして活動していたようですね。

実績としては以下のように数々のサポート、受賞歴をもっています

中には有名なダンサーやアーティストとも共演しているので、その実力もかなりのもの!

・JAPAN DANCE DELIGHT VOL.15 FAINALIST
・2007 OSAKA DANCE DELIGHT 第4位
・UNIVERSAL STUDIO JAPAN 年末 SHOWCACE 出演
・DANCE @LIVE FAINAL 両国国技館 SHOWCACE 出演
・CARNIVAL OSAKA GEST 出演
・OUTSET ORIGINALDVD 出演 演出
・YU-A「2GIRLS」ツアーバックダンサー
・三浦大知 大阪公演オープニングダンサー
・DJ OZMA バックダンサー (ホテルニューオータニ)
・中京テレビ「スーパーチャンプル」出演
・テレビ大阪「ナイトクルージング」出演
・雑誌「DDD」チームインタビュー & DVD掲載
・DANCE ATTACK!! 2010 西日本大会 審査員
・堺リベラル女学院キッズダンスコンテスト 審査員FRY DANCE STUDIO

そんなREIKOさんですが、今回挑戦するのは手話ダンスということで聞きなれない方も多いと思います。

手話ダンスについては以下のような解説が専門サイトよりなされています。

手話ダンスとは、手話を使って歌詞のイメージを見る言葉に変え、リズムの楽しさと合わせて踊りにしたものです。聴覚障害を持った方が、見てわかる、踊って楽しめるように、そうした想いから作り出されました。
 今ではいろいろな障害を持たれた方々も聴障者の方との交流の中から「助け合って生きていこう」という気持ちで楽しく踊っています。詩の心を手話で優しく温かく表現できる楽しさや喜びがあり、一曲の詩からたくさんの手話が覚えられ、楽しくなります。NPO法人 手話ダンスYOU&I

「手話ダンス」とは耳の聞こえない人でもリズムに合わせて、

メッセージを乗せて楽しむことができるダンスなんですね。

REIKOさんのご両親は聴覚障害をもっているため、昔から手話を使ってコミュニケーションをとっていたそうです。

そこでREIKOさんの得意なダンスと手話を合わせて、ご両親にメッセージを届けたいという想いから、

今回の手話ダンスに挑戦するということなんですね。

これを見て、自分もやってみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは実際に手話ダンスとはどういったものなのか、わかりやすい動画や解説について探してみました!

手話ダンスの動画や解説はある?

わかりやすい手話ダンスの動画や解説を使い、実際に手話ダンスがどういうものなのか見てみましょう。

簡単なものであればこちらのように音楽に合わせて手話を出したり、歌ったり、というものが一般的なようです。

また本格的なダンスをしてみたいという方はこちらのように、

手話を使いながら体を動かしてダンスをするというやり方があります。

こちらは本格的なダンスなので、かっこいいですね!

以外にも、手話ダンスというのはどのようなジャンルにも対応できるようで、

このような最近のアニメソングでも手話ダンスで踊ることができます。

耳が聞こえずにダンスが楽しめなかった方でも、

手話ダンスを使うことでその歌詞やメッセージを知ることができるというのは新しいですね!

気になる方はぜひいろいろな手話ダンスを見てみましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

世間ではあまり知られていない手話ダンスですが、

これが広まることで聴覚を失った方々とのコミュニケーションが

もっと自由に取れるようになれれば良いと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。