大阪の暖かくなる時期はいつから?2019年冬の寒さはいつまで続くのか

  • LINEで送る

最近は本当に寒さが長く続いているような気がします。

去年は記録的な猛暑があったり、異常気象の影響がまだ残っているのでしょうか?

いずれにしても早く暖かくなってほしいですよね。

今回は2019年以降、大阪で暖かいと感じられる時期がいつからなのか調べてみました。

スポンサーリンク

大阪の冬の寒さはいつまで続くの?

今年の冬の寒さ、しばらくは続きそうな気がします。

暖かい日があってもまたすぐに寒くなってしまったりと、気温が安定しない日も多いですよね。

実際に体感として暖かくなってくるのはいつごろなのでしょう?

調べてみたところ、大阪が本格的に暖かくなってくるのは4月上旬ごろからになりそうです。

早くても3月頃からは少しづつ暖かくなってきますので春服の準備をしたいですね。

冬の寒さを防いでくれるのは毎年3月頃に発生する移動性高気圧です。

この高気圧が日本付近に留まることで寒気が南下しにくく、南から温かい空気が流れ込み、気温が暖かく感じられるのです。

真冬の間はこういった高気圧が日本に留まりづらく、北から冷たい風が流れ込むのでより一層寒く感じてしまうわけですね。

大阪が暖かくなるのはまだまだ先なの・・・?

大阪が暖かくなるのは4月と聞くとまだまだ先のようにも感じてしまいますね。

2月、3月は暖かくならないのでしょうか?

本当に暖かくなる時期をを知るために過去の気温推移を見てみましょう。

例として、大阪の2月~4月までの気温を月ごとに掲載してみます。

2018年2月の気温

見ての通り、2月は最低気温が0℃以下になる日も多く、日中でもかなり寒いことがわかります。

この時期はまだ冬型の気圧配置が強く、北から冷たい空気が流れこむこともこの寒さに影響していますね。

全国的に積雪する日も多く、山形県では13日に445cmの積雪を記録していました。

2018年3月の気温

2018年3月の天気を見てみると気温が上がりつつありますが、まだまだ雪となる日もあったりして不安定な時期です。

移動性高気圧が発達してくる時期ということもあり、北からの冷たい空気が流れ込みづらくなるので、日中は少し暖かく感じはじめる日も増えてきます。

しかし、日が暮れるにつれて寒さが強まっていくのでまだまだ過ごしやすいとは言いづらい日が続きます。

2018年4月の気温

4月になると20℃を超える日も多くなり、最低気温が10℃を下回る日もなくなってきますね

冬型の気圧配置も弱まり、高気圧が北からの冷たい空気を押し戻してくれているおかげで体感的にも暖かいと感じる日が多くなってきます。

4月下旬になると上着を1枚脱いで丁度良いと感じるまでに暖かくなりそうです。

2019年の大阪はどうしてこんなに寒いのか

そもそも今年がここまで寒いのは冬型の気圧配置が非常に強くなっていることが原因です。

天気予報でよく聞くこの「冬型の気圧配置」って一体何なのかというと、わかりやすい図があります。

こちらが典型的な冬型の気圧配置です。

西側に高気圧東側に低気圧が配置されていることで北からの冷たい空気が日本側に流されていきます。

これが日本で冬の寒さを引き起こす原因になるわけですね。

普段は日本の南側や東側に高気圧があり、それが北からの冷たい風を押し戻してくれるのですが、冬の間はその高気圧がいなくなってしまうのでより寒気が流れ込みやすい状況になってしまうのです。

早く暖かくなってほしいこの頃ですが、3月頃からは少しマシになると言われていますので、それまでもう少しの間待ちましょう!

まとめ

今回は2019年大阪が暖かくなる時期はいつからなのか、冬の寒さはいつまで続くのかについて調べてみました。

結論として本格的に暖かさを感じられるのは4月からになりそうです。

少なくとも3月からは少しづつマシになると言われていますので、暖かくなる時期を楽しみに待ちましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください