乳酸キャベツってなに?お腹周りに効果大!簡単レシピとメニュー!

  • LINEで送る

皆さん、乳酸キャベツというものをご存知でしょうか?最近かなり話題になっているので一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

乳酸キャベツというのはヨーロッパ諸国ではかなり古くから親しまれてきた健康食品で、ザワークラウトや、シュークルートと呼ばれています。

この乳酸キャベツには、味はもちろん、体にも美容にもとても効果のある食べ物として知られていますが、あまり日本では有名ではなかったんですね。

ところが、ある番組の企画をきっかけにかなり反響を呼んでいるということもあり、その話題のワケを調べてみました。

スポンサーリンク

乳酸キャベツにはどんな効果がある?

乳酸キャベツは日本で言う漬物に近い、キャベツの発酵食品です。

材料はシンプルにキャベツと塩だけ!とても簡単な食べ物なのにその効果はとても大きいので驚く人が多いんだとか!

以前、「ナイナイアンサー」という番組でアイドルの蒲田菜月さんが乳酸キャベツを使ったダイエットに挑戦していました。

自分の体重やお腹周りを公表した上で2週間でどの程度痩せられるのかという体を張った企画です!

結果的にこれが大成功し、体重-3.9Kg お腹周り-8cmという驚きの成果を挙げました。

これ、1ヶ月じゃないんです。たったの2週間でコレだけの成果が上がってるんです。驚きじゃないですか?

しかも断食をしたとか、食事制限をしたわけでもありません。ただ毎日の食事に乳酸キャベツを取り入れただけです。すごいですよね!

この番組意外でも様々なところで乳酸キャベツが取り入れられていますが、どのダイエット企画でも大成功を収めています。

それだけ信頼のある食べ物、放っておけるわけないですよね?

ダイエットを始めていて伸び悩んでいる方、これからダイエットを始めようとする方にはぜひ、この乳酸キャベツを試していただきたいと思います!

乳酸キャベツの作り方は?

材料

  • キャベツ1個(1キロ程度)
  • 塩小さじ4弱(20g)
  • 砂糖小さじ1/2
  • スパイス適量(唐辛子、粒コショウ、ショウガ、など)

作り方

1.キャベツを千切りにする

 キャベツを4等分に切って洗い、水気を切って千切りにする。細かく切るほど発酵しやすくなる。

2.保存袋に入れて塩を振る

 味を全体になじませるため、塩は2回に分けて入れる。まず半量のキャベツを保存袋に入れ、小さじ2の塩を混ぜる。

3.袋の上から両手でもむ

 残りのキャベツと塩、砂糖を加え、袋の上からなじませるようにもむ。密閉袋(大)1枚にキャベツ1個分が入る。

4.余分な空気を抜く

 好みのスパイスを加えたら、袋の上からぎゅっと押して、余分な空気を抜いてしっかりと口を閉じる。

5.重しをする

 1.5kg程度の重し(500mlのペットボトル3本など)をのせて、直射日光の当たらない常温の環境で1~5日置く。

6.冷蔵庫へ移す

 味見して酸味があり、泡が立っていたら発酵している証拠。清潔な瓶に移して冷蔵庫へ。冷蔵で約1カ月保存可能。

乳酸キャベツを使ったおすすめメニュー!

さっぱりチキン南蛮

チキン南蛮のしっかりとした味付けに乳酸キャベツのさっぱり感がとても合います。

レシピはこちら→レタスクラブ

マウンテンハーブサラダ

バジルとオリーブオイルが効いていてイタリアンな味わいのサラダです。

レシピはこちら→レタスクラブ

あわあわサラダ納豆

お腹に良い食べ物しかない!最高の組み合わせです。

レシピはこちら→レタスクラブ

まとめ

どうでしょうか?作るのも簡単なので、ぜひ機会があればこの乳酸キャベツを試してみてください!

ダイエットだけではなく、日々の献立のアイデアとしても使える一品ですよ!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。