北朝鮮ミサイル10月18日の発射は何時何分?落下地点の場所や種類は?

  • LINEで送る

北朝鮮からのミサイル発射がいつになるのか様々な憶測が立っていますが、

最近ではもっとも有力な発射候補日が18日ということで、その日が迫ってきています。

実際にミサイルが発射されるとなった時、その発射時刻やミサイルの落下地点、種類についても気になりますよね。

実際にいつ発射されるかわからないからこそあらかじめ心の準備をするためにも、18日の情報について調べてみました。

スポンサーリンク

北朝鮮ミサイルの発射は何時何分?

18日に北朝鮮からミサイル発射の可能性があることについては前々から話題になっていましたよね。

しかし、いざ当日北朝鮮からミサイルが発射されるとしたら、いったい何時頃になるのでしょうか?

もし自分たちが学校や仕事へ行く時間帯に発射されるとなれば、交通機関への影響も考えなければなりません。

あらかじめおおむねの発射時刻を知っておくことでいざというときの心構えもできます。

実際にどの時間帯に発射される可能性が大きいのか調べてみました。

調べる方法としては発射される時間を知るためにも過去、どの時間帯に発射されていたのかを見てみる必要があります。

今年発射されたミサイルの数は14回。それぞれの発射時刻を調べてみました。

  • 2月12日午前7時55分
  • 3月6日午前7時36分
  • 3月22日午前7時49分
  • 4月5日午前6時42分
  • 4月16日午前6時21分
  • 4月29日午前5時30分
  • 5月14日午前5時28分
  • 5月21日午後4時59分
  • 5月29日午前5時40分
  • 6月8日午前6時18分
  • 7月4日午前9時39分
  • 7月28日午後11時42分
  • 8月26日午前6時50分
  • 8月29日午前5時57分

調べてみたところ、どうやら北朝鮮のミサイル発射は午前中に行われることが多いようですね。

ただ一度だけ、5月21日の時だけは午後4時59分に発射されています。

こうなると必ずしも午前中に発射するというわけではなさそうですね。

恐らく実際にミサイル攻撃を仕掛ける際「奇襲をする」という想定であえて違う時間帯を狙うという事もあるそうです。

ただ、それも年に一度程度なので、10月18日のミサイル発射が午後に行われるという事は少なさそうですね。

これらの傾向から考えて、ミサイルは午前6時から7時30分の間に発射されるという可能性が非常に高いです。

この時間帯、日本では出勤時間と重なるという方も多いのではないでしょうか?

万が一、発射されたとなっても、まずは落ち着いて行動することが最重要です。

そして次に考えるべきなのは、そのミサイルがどういったものなのか、落下地点はどこになるのかということです。

落下地点はどこ?種類は?

今回発射されるミサイルの種類はいったいどのようなものなのでしょうか?

調べてみたところ、ミサイルそのものは以前から話題になっていたICBMと呼ばれるもの。

長距離弾道ミサイルとも言われ、数千km離れた目標を狙うために使われます。

問題なのは、どのようなタイプのミサイルを使っていようとも、そのミサイルの弾頭には「核」が存在することです。

我々にとってもっとも脅威なのはこの「核」部分であり、日本はその被害や悲惨さを知っています。

だからこそ、なんとしても日本はこの核による攻撃を防がなければいけません。

また、北朝鮮Xデーと言われるミサイル発射の日、そのミサイルの落下地点がどこになるのかは誰にも把握できません。

北朝鮮の公式発表ではグアム沖を狙うと公言していますが、果たしてその宣言通りにミサイルが飛ぶという保証もありません。

何せ北朝鮮のミサイル発射は過去に何度も失敗をしています。一度も飛ばしたことのない距離にぶっつけ本番でミサイルを撃ち込もうとしてもなかなかうまくいくとは思えないですよね。

そして最大の問題がそのミサイルが日本上空を通過するという事。

もしミサイルが日本の上空を通過中に異常が起きて落下するとなったら、大変な事態ですよね。

あらかじめ落下地点を知っておくことで、付近にお住いの方も逃げ遅れる可能性が減らせられればと思います。

これまでの傾向でグアム沖を狙った場合日本では北関東から北海道までの間を通過していることが多かったですね。

進路を考えても急に関西地方へミサイルが飛んだり九州に向かって飛ぶという事は考え難いです。

来る18日、特に東北地方にお住いの方は警戒が必要かもしれません。

いずれにしても日本へミサイルが落下するというのはまさに緊急事態ですね。

まずは、このミサイルが日本の防衛システムによって防がれるのかどうか、冷静に見守らなければなりません。

18日当日はぜひ、ミサイル発射の可能性を少しでも意識して頂きたいです。

まとめ

今回は18日の北朝鮮のミサイルが発射された場合の時間や落下地点について調べてみました。

今後も情勢は動きつつあるので、注視しつつ何か新たな情報があれば追記していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*