NHK受信料着服をした職員は誰!?名前や経歴(facebook)などを調査!

  • LINEで送る

21日、NHKでは受信料約58万を着服していたとして職員を解雇したというニュースが飛び込んできました。

職員は「親族の病気の治療で借金があった」と話していますが実際のところ本当なのか怪しいですね。

今回はこのNHK職員の名前や経歴を調べてみました。

スポンサーリンク

受信料着服のNHK職員はだれ?

今回NHKの受信料を着服していた職員は名古屋放送局中央営業センター所属の男性だという事が分かりました。

年齢は37歳ということで職務経歴もずいぶんと長いみたいですね。

着服行為を行っていたのは昨年10月から今月にかけてだということです。

名前については現時点で明かされていないものの、今後報道で詳細が出てくると思われます。

立派な犯罪行為なので、実名報道はしっかりとしてほしいですね。

この人物、かなり長期間この着服行為を行っていたようですが、NHK側はなぜ今まで気づかなかったのでしょうか?

手口としては愛知県内の滞納者21世帯を訪問して受信料を徴収。領収証を渡した上で発行をキャンセルしたように装ったということです。

NHKの受信契約は義務化することが合憲であるという判決がでたばかりというだけに、これについての反発も強くあります。

受信料をしっかりと払っているのに、こういった部分で抜かれてしまっては払っている意味がありませんよね。

NHKも、こういった行為が見逃されないようにしっかりと対策をとってほしいと思います。

経歴やfacebookは?

この人物の経歴はどういったものなのでしょうか?

本来ならばお金を徴収する立場の人物が一番やってはいけない行為なのですから、何か過去に犯罪を犯していたとしてもおかしくはありません。

今回の解雇を受けて、また別の職場でも同様の行為を行いかねないですから、しっかりと特定しておきたいですよね。

この人物の経歴について調べたところ、やはり個人名が伏せられているだけにfacebookの特定には至りませんでした。

報道が少ないというのもやはり大元がNHKだからなのでしょうか?ニュースになるにしてはあまりにも情報が少ないですよね?

これについて、今後も新たな情報が入り次第追記していきたいと思います。

まとめ

今回はNHK職員の受信料着服について調べてみました。

名古屋放送局中央営業センターに所属していたという情報を得ることができましたが、引き続きさらに深い情報を追っていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。