鼠先輩はなぜ消えたのか?最高月収は?今は何をしているの?

  • LINEで送る

27日放送の「キテレツ人生!消えた芸能人一斉捜査SP」(フジテレビ系)で、ムード歌謡歌手・鼠先輩が、自身がテレビから消えた理由を語りました。

鼠先輩といえば2008年、パンチパーマにサングラス姿で「ぽっぽぽぽぽぽ~」と歌うシングルCD「六本木~GIROPPON~」でメジャーデビューし、ブレイクしていましたよね。

そんな鼠先輩ですが、現在はどのような仕事をしているのでしょうか?

スポンサーリンク

鼠先輩はなんで消えたの?

鼠先輩がブレイクした当時は「着うた」が100万ダウンロードを記録し、最盛期のテレビ出演本数は月間で100本以上だったようです。

しかし、わずか半年で仕事が激減、いわゆる「一発屋」となってしまいました。

鼠先輩は消えた理由について、まず一発屋として「消費された。飽きられた」ことに加え、「好感度」をあげています。

だって嫌でしょ、こんなの。自分でも嫌だなと思うもん。ゼロだと思うな好感度」「完全に初期設定のミスですね

と自身のパンチパーマにサングラスという出で立ちが原因だと分析しました。

このころの最高月収は「1200万円位」で、ギャラは「15分で120万円位」もらったこともあったというそうです。

だが、「怒涛のようなスケジュール」だったため、「流されていた部分はある」「1つ1つの仕事を真剣にやっておけばよかった」と後悔を語っています。

今は何をしているの?

現在の鼠先輩は、主に地方の営業で生計を立てているそうです。

人気が落ち始めた当時、鼠先輩は芸能界にしがみつくためにさまざまな行動をとったそうなんですね。

その中で、思い切って丸坊主にしたこともあったが、営業で誰だかわかってもらえず、失敗。

ほかにも、いち早くビックダディ人気に目を付け、本をプロデュースしたこともあったが、全く売れなかったとのことです。

まとめ

やはり流されてしまったというのが人気低迷の原因なのでしょうか。

みんなが驚くような新しいネタを生み出せなかったのは手痛い失敗なのではないかなと思います。

今後も芸人を続けていくそうなので、どこかで見かけたら応援してあげましょう!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。