筋肉痛はなぜ起きる?老化も原因?原因と特徴について!

  • LINEで送る

皆さんは筋肉痛に悩まされるということがよくあるのではないでしょうか?

あのつらい痛み・・・その筋肉痛の原因はなんなのでしょうか?

一説では年をとるほど筋肉痛がひどくなると言われています。

また、どんな時に筋肉痛になるのか?という要因についても調べてみました。

スポンサーリンク

筋肉痛の原因ってなに?

筋肉痛の原因というものははっきりと定義されているわけではなく、実際はかなりあいまいにされているんですね

なのでここではいくつかの説をもとにこれが原因なんじゃないかなというものをピックアップしてみました。

乳酸がたまっている

人の体には乳酸と言われるものがあります。

人間はは運動するためのエネルギーをブドウ糖と言うものに頼って作り出しています。

そのブドウ糖は消費される中で乳酸というものを生み出しているんですね。

その乳酸もエネルギーとして使われるのですが、運動が激しくなると、運動量よりも乳酸が生産される量が多くなります。

そして、体に乳酸が溜まると、筋肉へのダメージとなってしまい、痛みが発生しているのではないかと言われています。

筋肉痛の原因が乳酸というのはかなり古くから言われていることなので、可能性は十分に考えられますね。

ただ、乳酸は時間が経つに連れて徐々に減っていくので筋肉痛の起こり方とは矛盾が起きてしまうという点もあります

筋繊維に傷がついている

運動をすることにより、筋肉にダメージが起こり、筋繊維が傷ついているのでは無いかと言われています。

筋繊維が傷ついただけでは痛みはないとされる説もありますが、実際に傷ついているのは筋繊維だけではなく、周囲の筋膜という部分にもダメージが及んでいます。

運動をしたときに筋膜が壊れていたら運動しているときには痛みを生じているはずです。肉離れのようなものでしょうか。

筋肉痛の原因が筋肉が壊れただけというのは説明が弱いとされています。

筋肉を治す時の痛み

現在もっとも有力とされているのがこの説です。

上記のように激しい運動や、長時間の運動を行うと筋繊維が傷つきます。

筋繊維が壊れただけでは痛みを感じないという話がありましたね。

しかし、その後には筋繊維を修復するために様々な現象が起こります

この修復作業では血液中の白血球が集まってきたりして、炎症が起こります。

炎症が筋膜にまで波及するため痛みが起こるのです。

(炎症が起こる過程では様々な物質が動きます。その中の一つに痛みを感じる物質があります。)

運動によって傷ついた筋繊維を修復するときに起こる炎症が筋肉痛の原因というのが有力な説です。

運動のやり方に原因があった!?

また、運動のやり方によって筋肉痛が早く来るか、遅く来るのかは決まっています。

ハードな筋トレなどを行った場合には比較的早く、筋肉痛になります。

(一気に筋肉にダメージを与えると、治すための炎症が強いために痛みに気付きやすくなるからとも言われています。)

登山やトレッキングなどの緩めの運動で筋肉に負荷をかけると、筋肉痛は遅くなるのです。

若くても、緩めの負荷を筋肉にかけると二日後に筋肉痛がやってきたりするのです。

年を取ってから行う運動は登山やジョギングなど比較的緩めに筋肉に負荷をかける運動を選択しているだけということもあります。

また、運動不足の人が強い負荷をかけようとしても、バテてしまい、中途半端になることで遅い筋肉痛になっているということもあります。

つまり、歳を取ってしまったから筋肉痛が遅くなるというわけでは無く、

  • 運動不足からくる筋肉の回復の遅さ
  • 運動の負荷の弱さ

この2つが筋肉痛が遅く来る原因なんです。歳を取っていても普段から運動をしていて、ガツンと強い負荷をかけると筋肉痛は早くやってきます。

まとめ

いかがだったでしょうか?筋肉痛の起こるメカニズムやその原因を知って、うまくコントロールしてあげましょう!

普段からの運動が大切だということですね。運動不足には十分注意しましょう。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。