ミックスを上達させるためのヘッドホンの選び方とオススメ3選!

  • LINEで送る

こんにちは。

最近、5年近く使っていたヘッドホンが壊れてしまったので新しいものを買いました。

ヘッドホンはモノによって出音に違いがあるので、より自分に合ったヘッドホンを選ばないといけませんね。

これはミックスを行う上でも言えることで、こういう作業に適したヘッドホンというものがあるんですね。

今回はこのモニターヘッドホンについて書いていきます。

スポンサーリンク

ミックスをする上で使うべきヘッドホン

多くの人が使うヘッドホンというのは、音楽鑑賞をする目的で自分にとって聴き心地の良いものを選びますよね。

しかしミックスにおいては選ぶ基準が変わってきます。

聴き心地の良いヘッドホンというのは、元の音に対して加工されたものが聴こえてくるわけです。

ミックスを行う時には音の素材が大事になってくるので、聴いている段階で勝手に加工されては正確な音作りが行えなくなってしまいますよね。

なので、ヘッドホンを選ぶ際はいかにフラットで加工されていない音が聴こえるかが大事になってきます。

また、再生時の周波数帯域がどれほど広いかというのもヘッドホンの音の再現度に影響してくるでしょう。

ヘッドホンの性能表等をみると再生周波数帯域というものがあります。その値が広いほど再現度の高いものであるといえます。

ヘッドホンの選び方

まず、数あるヘッドホンの中からミックスに向いているモニターヘッドホンというものを探さなければなりません。

実は、リスニング用のヘッドホンとモニターヘッドホンの違いというものには明確な定義がなく、ぱっと見で違いを判別することは難しいのです。

モニターヘッドホンと書いてある製品でも実はリスニング用のチューンがされていたりします。

なので、ヘッドホンを選ぶ方法として一番良いのは自分の耳で聴いてみるということです。

モニターヘッドホンである一番の特徴として、楽曲を聴いてみると非常に味気なく、聴き心地の良くない音に感じます。

この聴こえ方こそがフラットで加工されていない証でもあるため、なるべくそういった音のするものを選ぶと良いですね。

おすすめモニターヘッドホン!

僕が使ってみた中でおすすめなヘッドホンをご紹介します。

SONY MDR-CD900ST

モニターヘッドホンのスタンダードともいわれるヘッドホンです。ほぼ全てのスタジオで使われているレコーディング業界でも名の知れたもので、非常にフラットで再現性の高い音を出してくれます。

中域~高域の輪郭がとてもはっきりしていて、ボーカルのリップノイズなど細かい音もかなり繊細に再現されている感じがしました。

個人的にもこれに勝るほどフラットなものはないだろうと思いますが、形状的に耳にフィットしないので音漏れや付け心地の悪さが目立つかなと思いました。

SONY MDR-7506

こちらは上の900STの廉価版と言われていますが、なかなか良いモニターヘッドホンだと思いました。海外のスタジオではこちらがよく使われるようです。

音としては900STと比べて少し柔らかく、低域が聴きとりやすくなっているという印象。

つけ心地も良く、長時間作業していても疲れないフィット感がありました。

また、折りたたみ式になっているため、持ち運びや移動するときなどにとても重宝しましたね。

AKG K240MKII

海外のレコーディングスタジオで定番となっているK240シリーズの改良型の製品です。

このヘッドホンは開放型と呼ばれるものでヘッドホンから流れる音をある程度外に逃がすことで自然な響きをもたらしてくれます。

全体的にやさしくなめらかな音でモニターヘッドホンとしてはめずらしく聴き疲れが起こりにくいのがとても印象的。

音が外に逃げるので細かい音の調整をするには不向きなヘッドホンですが、全体のリバーブ感やアンサンブルを確かめるには一番適していると思います。

AUDIO-TECHNICA ATH-A900X

オーディオテクニカのATHシリーズの上位版モニターヘッドホンです。

音空間の再現性が非常に高く、モニタースピーカーで聴いているような気分になりました。とても上品でクセのない音に感じます。

僕自身現在このヘッドホンを使用していて、個人的には一番ミックスしやすいヘッドホンだなと感じました。

おわりに

モニターヘッドホンでのミックスはスピーカーでの大音量のリスニングができない環境であることが多いDTMユーザーにおすすめです。

しかし、良いミックスを目指すにはどんな環境で聴いてもしっかりと聞こえるサウンドにならなければいけません。

よりクオリティの高いミックスを目指すのであれば出来る限りスピーカーミックスができることが理想ですね。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。