妊婦の「席譲り」LINEが悪用やいたずらに使われる可能性!?対策はある?

  • LINEで送る

最近話題になっている妊婦さんのための「席譲りアプリ」ですが、早くも悪用されるのでは?という声が上がっています。

これはこのアプリの機能が原因なのですが、もし悪用されてしまった場合妊婦さんだけではなく乗客同士のトラブルになる可能性があります。

実際にどのようにして席を譲るのか、悪用された場合その対策はあるのかについて調べてみました!

スポンサーリンク

妊婦用LINEアプリが悪用される!?

今回実験で導入されているこの妊婦さんのための「席譲り」アプリ。

実際に席が譲られるまでを簡単に説明すると以下のようになっています。

①電車に乗る妊婦さんがアプリを使うと、近くの同じアプリを利用している人へ通知がいきます。

②通知が来た人の中で席を譲ろうと思う人がいると、その座席の場所が妊婦さんへ通知されます。

③実際に席を譲ってあげることで妊婦さんの座席が確保できます。

最終的には席を譲るかは乗客同士の判断で行われるということになります。

なので、そもそもお互いが良心的な気持ちを持って接しあうことが大事なのですが、中にはこのアプリの機能を悪用される可能性があると指摘されています。

例えば、

「このアプリを妊婦ではない人も使えてしまうので、そういった人たちが席を占領するかもしれない」

「妊婦さんや乗客個人を特定してしまうので犯罪に利用される可能性がある」

など、このアプリの使い方に心配する声があがっています。

言われてみれば、確かにこのアプリは妊婦ではない方も使えるし、アプリの利用者がだれなのかもわかってしまいます。

席を譲ろうとしたのに、座ったのは妊婦ではなく普通の乗客だったとか、このアプリをめぐって乗客トラブルが起きたなどの問題が起こる可能性がありますよね。

これについてはどのような対策がされるのでしょうか?また、実際にこのような現場にあった場合どのような対策をすればいいのでしょうか?

対策は?

このアプリをめぐってのトラブルが起きる可能性が非常に高いわけなのですが、なにか対策はされるのでしょうか?

現在は試験導入ということで、あくまで「妊婦さんと乗客が正しく利用したときに問題が起きないか」という段階のチェックをしているようです。

今後、このアプリが正式に利用できるようになれば悪用やいたずらが行われる可能性がありますが、現時点でそれについての対策はまだ考えられていないようです。

まずはこういったリアルで起こりうる問題にどう対処するのかというところまでサポートしていただきたいものです。

こういった問題が多発すれば一番に困るのは正しく使っている妊婦さんですからね。

譲るほうも譲られるほうも気持ちよく使えるような機能になっていけば本当に素晴らしい機能だと思うので、しっかりとした対策は練ってもらいたいと思います。

まとめ

今回は妊婦さんの「席譲り」アプリについて調べてみました。

現時点では悪用やいたずらに使われる可能性が高いということで、今後どのような対策が練られるのかチェックしていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。