木星、火星、土星接近が2018年5月10日に東京から見える!方角やおすすめスポットは?

  • LINEで送る

木星、土星、火星が10日から夏にかけて地球に相次ぎ最接近し、空のほぼ同じ方角に明るく並ぶというニュースが話題になっていますね!

約1世紀ぶりの珍しい現象ともいわれ、肉眼でもよく見えるのでこの機会にぜひ見てみたいという方は多いと思います。

地域によっては天候や場所によって見え方が変わるとも言われているので、実際に東京で最も綺麗に見える方角やスポットはあるのか気になりますね。

実際に5月10日の星空、東京ではどのように見えるのか調査してみました!

スポンサーリンク

木星、土星、火星が大接近!

5月10日から3つの星が観測できるということで、星に興味があるという方にとってはかなり嬉しいニュースですね~

そうでなくとも、今回の大接近は歴史的にかなり珍しいことなのでぜひ一度見ていただきたい現象でもあります!

今回接近するのは木星、土星、火星という3つの星、皆さんもおなじみではあると思います。

それぞれ一つずつの星が大接近し、観測ができるというのはよくあるのですが、3つの星を同時にというのはなかなか経験出来ないのではないでしょうか?

ぜひこの3つの星を観測するためにも、観測できる方角や特徴を知っておいたほうが良いですね!

東京から見える方角は?

今回観測できる3つの星はどの方角から見ることができるのか調べてみました。

木星を含めた惑星は太陽の周りを固有の周期で公転しており、地球との位置や距離は刻々と変わります。

地球の外側を回る惑星は、地球から見て太陽とほぼ正反対の方角にあるときに最接近となり、最も綺麗に見えるそうです。

木星が見えるピークといわれる午前2時頃は太陽が北西~北東に位置しています。

つまり、その正反対にいる木星は南西~南東の方角に見えるようになっています。

東京にお住まいの方はそちらの方角がよく見える場所から観測することをおすすめします!

東京でのおすすめスポットは?

今回の惑星の接近をぜひ見てみたいという方も多くいると思います。

しかし、東京では場所によっては高層ビルや地上の明かりによって星が綺麗に見えないという方もいらっしゃると思います。

そこで東京の中でも星が綺麗に見えるおすすめスポットというものがありますのでご紹介したいと思います。

砧公園

東京都世田谷区用賀にある「砧公園」は今回の天体観測におすすめな公園です。

都心からのアクセスもよく、見晴らしも良いので散歩などに来る方も多いですね。

天体観測を目的に訪れる方も多いので安心して星を眺める事ができます。

善福寺川緑地

東京都杉並区成田東にある「善福寺川緑地」は善福寺川に沿って作られているエリアにあります。

春になると桜が満開になり、お花見スポットとしても賑わいを見せています。

見晴らしもよく落ち着いた場所なので天体観測にはとてもおすすめですね。

目黒天空庭園

目黒区大橋にある「目黒天空庭園」は首都高速道路大橋ジャンクションの屋上に位置しています。

辺りは高層ビルなどが立ち並んでいますが、距離があるので空を眺める分には邪魔にならない程度になっています。

入園時間は21時までとなっていますのでピークの時間帯には見れないものの、その見晴らしの良さに感動できると思います。

木星、土星、火星まとめ

いかがだったでしょうか?

木星、土星、火星の接近が見れるのは実に1世紀ぶりと言われ、最後に見られたのは大正11年だということです。

この機会をぜひ逃さないように当日は夜空をチェックしてみましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください