話題の「格安スマホ」は本当に安心?こんなトラブルに要注意!

  • LINEで送る

 

いわゆる「格安スマホ」に関する相談が増えているとして、国民生活センターが注意を呼びかけた。

 「格安スマホ」は、MVNOと呼ばれる事業者が大手キャリアから回線を借りて提供しているもので、利用料金が安いのが特徴だが、昨年度、国民生活センターに寄せられた相談は1045件と、前年度の2.8倍に急増している。Yahooニュース

スポンサーリンク

格安スマホってなんで安いの?


格安スマホは大手キャリアと比べてもかなりの低価格でプランが提供されていますよね。

もちろん、安い分ある程度の制約はありますが、普段からそこまでヘビーな使い方をしないユーザーにとっては安くスマホを使うことができるということで人気があります。

逆を言えばこの安さに疑問を感じて手を出しづらい人もいるかと思いますが、その安さの理由を簡単にまとめますと

格安スマホを扱っているMVNOと呼ばれる事業者は大手キャリアから回線を借りることで、独立した設備を必要とせず、大幅にコストが安く済むんですね。

また、規模もそこまで大きくせずに済むので、人件費なども抑えられるため、結果的にスマホ環境を安く提供することができます。

ただそれもその会社の最良で行っているので、中にはコストを抑えようとするがためにトラブルが相次いでいるというのが事実です。

問題となっているトラブルとは?

昨年度の格安スマホに関する相談は1045件と、かなり多いですよね。

特にMVNO側のサービス面で問題があるという相談が後を絶たないようです。

実際にあった相談をピックアップしてみると

問い合わせ先が電話窓口しかなく、つながりにくい

修理期間中に代替機の貸し出しサービスがない

といった相談が多かったようです。

確かに大手キャリアであればこういったサービス面はしっかりとしていますね。

MVNOは低価格を売りにしているため、中にはこういったアフターサービスを疎かにしてしまう会社があるということですね・・・

まだまだ発展途上という印象のあるMVNOです。こういった所もしっかりと注意しておかなければなりませんね。

特に大手キャリアのスマホから乗り換えようとしている人はスマホだけではなくこういったサービス面もチェックしておきましょう!

まとめ

格安スマホはとても便利だし、安く抑えられるのは事実です。サービスも良い会社だってあります。

これからはこういったMVNO事業が増えていくなかで、どんなモノが自分に合っているのかを見極めることが必要になってきそうですね。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。