【最新】カードケータイKY01Lのネット(WiFi)性能やバッテリーの持ちは?

  • LINEで送る

ドコモから発表された新しいタイプの携帯電話、KY01Lがかなり話題になっていますね!

カードケータイと呼ばれているこの機種についてはまだまだ不明なところが多く気になります。

今回はそのネットの性能や実際に使う時に気になるバッテリーの持ちについて調べてみました!

スポンサーリンク

KY01LのネットやWifi性能は?

KY01Lのネットやwifiの性能について調べてみました!

結論から言うと、KY01Lのネット性能はかなり良いのではないかと期待しています!

まず、KY01Lでは軽量ながらLTE通信が使用でき、受信時最大100Mbps送信時最大37.5Mbpsの通信速度を誇っています。

普段ネットで検索などをしたりという場合に必要な通信速度がだいたい3.5Mbpsくらいです。

KY01Lは最大でその約10倍の速度で通信ができますから、ネットなどの通信において困ることは無いんじゃないかと思います。

更にWifiが使えるというのも便利ですね。

KY01Lにはテザリング機能が備わっているとのことなので、携帯回線から別のスマホやPCへネット接続をするルーター的な使い方もできちゃうんです!

そう考えるとメインにPCやスマホを持っていて、サブでこの機種を持っておくという使い方もアリですね!

バッテリーの持ちは?

これだけ薄くて軽い!を押したケータイだと、「バッテリーの持ちが悪いんじゃないの?」と思ってしまいますよね~

調べてみたところ、こちらの機種、バッテリー容量が380mAhとのことでした。

ちなみに最近のスマートフォンのバッテリー容量は

●Galaxy S9:3000mAh
●IphoneX:2700mAh

平均してもだいだい2500~3000mAhくらいが基本です。

あれ、380mAhってみちゃめちゃ少なくない?と思いますよね?

ところが、それぞれの連続駆動時間を見てください。(どのくらいで電源が切れるかの時間です)

●Galaxy S9:約7時間
●IphoneX:約8時間
●KY01L:約10時間

実はこの中でKY01Lが最も駆動時間が長いのです。

実はこのケータイ自体が非常に省エネな設計で作られており、低電力でも長く使える性能を実現しています!

スマートフォンの10分の1の容量でスマートフォンよりも長い駆動時間を保てるってすごいケータイですね・・・

KY01Lの低電力の仕組みや詳細なスペックについては別途記事に記載していきます。

SIMフリー化もできる?

実はこれだけ高性能なケータイ、SIMフリーにすることもできてしまいます!

KY01Lの本体料金は税込31,752円でドコモの割引が入ると実質10,000円で手に入ります。

しかし、通常キャリアのSIMロックがかかっているものは本体料金に加えて毎月の利用料金がかかってしまうので結果的に非常に煩わしい思いをしている方も多いと思います。

SIMフリーにすれば格安SIMなどに乗り換えることもできるので、かなりお得に使えて便利ですから、KY01Lを使うならSIMフリー化するのがおすすめですね!

SIMフリーに関しても詳しく解説した記事を設けますので気になる方がぜひチェックしてみてください!

まとめ

今回はKY01Lのネット性能やバッテリーの持ちについて調べてみました。

ネット性能についてはLTE通信で安定しており、WiFiも使えてかなり良いものになっています。

バッテリーの持ちも最大10時間と携帯電話の中でも最長クラスの性能を誇っています。

手軽に持てて高機能なカードケータイ、ぜひ購入を検討してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

カードケータイKY01Lの機能やスペックまとめ!使うメリットや使い道は?

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。