桐生祥秀が100m9秒98を記録した動画は?追い風1.8mで日本学生対校選手権優勝!

  • LINEで送る

陸上男子の桐生祥秀(21)=東洋大=が9日、福井県営陸上競技場で行われた日本学生対校選手権の100メートル決勝で9秒98の日本新記録を樹立し、日本人で初めて「10秒の壁」を破った。五輪の花形種目で、日本勢の長年の夢だった領域についに足を踏み入れた。追い風1・8メートルだった。産経WEST

スポンサーリンク

桐生選手新記録の動画は?

ついに日本人が10秒台の壁を超える日がやってきましたね。

世界陸上男子日本代表でもある桐生選手が9日行われた日本学生対校選手権で驚異の記録を叩き出しました。

その記録9.98。10秒台を0.02秒切ってのゴールとなりました。

いや~かなり長い間日本人の10秒台突破は夢のように言われていましたが、

とうとうこの日が来たといった感じですね!

気になる当日の動画ですが、現在のところ情報が早すぎて映像として公開はされていないようです。

ただ、現在ニュースや号外として地上波、ネットでも公開予定だとのことなので、本日中にはその映像が見れることでしょう。

それにしても、いったいなぜ桐生選手はこのタイミングで10秒台を切る走りをすることが出来たのでしょうか?

実は、とある人物からの助言が影響していた可能性があるんですね。

10秒台を切れたのはなぜ?

決勝戦、いつものように落ち着いた面持ちでスタートラインに立った桐生選手

スタートと同時にトップスピードに乗り、あっという間に周りの選手を離していきました。

今回、決勝戦でありながらも落ち着いた走りを見せていた桐生選手、その秘密は何だったのでしょうか?

実は以前、世界陸上男子100mで世界記録をもつウサイン・ボルト氏と桐生選手が対談をしたことがあって、

その中でボルト氏が発言した内容がとても素晴らしいと反響を呼んでいました。

実際にその発言をこちらに載せていますので見てみましょう。

トップスピードより速く走るのではなく、維持するように心がける

自分の走りを守り、楽しむ。

本当に目に鱗というか、ボルト選手もこういったことを意識して走っているのか、という事が分かりますね。

恐らく、これを聞いた桐生選手もこの発言を受け止め、自分の走りに取り込んだ結果10秒台を切ることが出来たのではないでしょうか。

桐生選手にとっても素晴らしい結果ですし、ボルト選手も喜んでくれることでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

日本人初の100m9秒台、まさに歴史的瞬間に立ち会っていたという事に感動を覚えますね!

今後の世界陸上など含め、桐生選手を始め日本代表選手の更なる活躍を応援しています!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。