料理研究家の金徳子が脱税で逮捕!経歴と収入は?

  • LINEで送る

料理研究家であり、渋谷で経営している焼肉店ナルゲの経営者である金徳子(72)さんが16日、所得税法違反の罪で逮捕されました。

金徳子さんは韓国料理研究家として有名でメディアへの露出も度々あり、「タモリ倶楽部」や「とくダネ!」などにも出演歴があります。

経営者としても成功しており、渋谷駅前の一等地に「焼肉店ナルゲ」を出店し、本格的な韓国料理を提供しています。

韓国料理を極めたとも言える敏腕料理研究家が一体なぜ脱税を起こしてしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

金徳子の経歴は?


金徳子さんは山口県出身の在日韓国人2世で、現在は料理研究家として韓国料理、特に朝鮮宮廷料理をメインに研究していました。

料理は姑から受け継いだ韓国料理の腕を元に修業を重ね、料理教室や雑誌に掲載されるまでになったそうです。

その後、焼肉店ナルゲを経営するまでに実力を伸ばしました。

2006年頃からメディアに登場するようになり、本格的な韓国家庭料理を経営する料理研究家として話題になりました。

その後、2013年に所有する渋谷駅に近い土地とビルを都内の不動産会社に売却。その際に脱税をしていた発覚し、今回の逮捕となりました。

いや~ここまで成功していれば脱税する必要なんてないんじゃないかなーと思いますが、実際にはどうだったのでしょう?

もしかしたら経営が危なくなっていたとか、それほど収入は多くなかったのでしょうか?

しかし、このお店の立地を考えてもかなり出費がかさんでしまいそうですよね。いずれにしろ、どうしてもお金が必要な理由があったのでしょう。

脱税の手口とは?


今回の逮捕にあたって、罪状は所得税法違反というものでした。

金徳子さんが所有する渋谷駅に近い土地とビルを都内の不動産会社に売却しました。

しかし、それが契約不履行であったとして、違約金2億5000万円を請求されたのです。

金徳子さんら経営者は不動産会社に違約金を支払ったとされていましたが、実際は違約金をキックバックさせ、全額を自宅の金庫に保管していました。

実はこの脱税にはカラクリがあったようで、今回売却した土地の権利者は金徳子ではなく、創業70年の生地販売店「マルナン」のものでした。

また、マルナンの経営者と金徳子さんには親族関係があったようで、焼肉店出店のため土地を借りると同時に管理を任せていたそうです。

親族関係を利用し口裏を合わせ、その土地の貸し借りで利益を得るために今回のような手口で脱税したのではないかとされています。

金徳子の年収は?どれくらい稼いでいたの?


今回こそ脱税で逮捕というけっかになってしまったワケですが、それまではいわゆる成功者として料理家から経営者までをこなし、大きな収益を得ていました。

そんな金徳子さんは、一体どれほどの収入だったのか気になりますよね。

これについては散々調べてみたのですが有益な情報がなく、その時期によってもかなり変動があったようなので一概にいくら!とは言えなさそうです。

ただ得られる情報から考えてみると金徳子さんの経営する焼肉店ナルゲの土地は渋谷区でも一等地とされています。

試しに現在の渋谷駅周辺の土地の坪単価を調べてみたところ、なんと1517万もするそう・・・

ここで経営していくとなると相当な利益を出していないと続かないと思いますし、実際かなりの人気店だったらしく売上は相当良かったとのこと。

また、ピーク時には雑誌の連載やテレビ出演、料理教室などでもかなり活動していたのでなかなかの収入を得ているのではないでしょうか。

会社の収入+出演料やその他の利益を含めると数千万~数億の年収はあってもおかしくはないのではないかなと思います。

まとめ

一時期は料理界の時の人とも呼ばれた金徳子さんですが、たった一度の脱税で全て終わってしまうということを考えると怖いですね。

いくら成功しているとはいえ、やはりお金に対して謙虚であるということや、欲に負けない心というものを鍛えなければ

途方もない努力で積み重ねたキャリアというものも崩れ落ちてしまうんだなと実感しました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。