研ナオコ、骨折から1ヶ月で復帰!驚きの回復の早さとその理由は?

  • LINEで送る

3月21日の舞台公演中に右大腿骨頸部を骨折し長期休養していた歌手でタレントの研ナオコ(63)が28日、都内で退院会見を開き、元気に歩いて登場。会見では驚異的な回復だったことを明かし、「200歳まで生きるつもり」と高らかに宣言した。Yahooニュース

スポンサーリンク

研ナオコの驚異的な回復力

女優、タレントの研ナオコさんは先月の3月21日右大腿骨頸部を骨折し、長期の治療を余儀なくされていました。

骨折当時は全治3ヶ月はかかると言われていたようです。

しかし、今月28日には退院会見を開き、元気に歩いている姿を見せていたのです。

この驚異的な回復力は一体何なのでしょうか?

右大腿骨頸部というのは脚の付け根の部分にある大腿骨と骨盤の境目に位置する部分です。

研ナオコさんはこの丁度境目の部分を骨折してしまったということで、見ても分かる通りかなりの大怪我をされているんですね。

この部分を骨折すると歩くことはおろか、脚を動かすこともできなくなってしまう場合もあるそうです。

大腿骨頸部の骨折は主に加齢による骨密度の現象や関節のクッション性が落ちてしまうために、脚に衝撃を受けると骨折してしまいます。

研ナオコさんの場合は舞台の練習中のケガということで、脚への衝撃が原因だと思われます。

それにしても、通常なら回復に3ヶ月以上、しっかりと歩けるようになるまで5ヶ月はかかると言われています。

そんな中、約1ヶ月でハイヒールまで履いて歩いてみせた研ナオコさん・・・一体何者なんでしょうか。

研ナオコの回復力の理由は?

研ナオコさんがここまで早く回復できると言うのは一体どういった理由があったのでしょうか?

いくら元々の回復力があったとは言えど、御年63歳の研ナオコさんです。

流石に骨折から1ヶ月で復帰というのはすごすぎますよね。

研ナオコさんの回復が早かった理由としては”これまでほとんどケガをしてこなかったこと“が考えられるのではと思います。

実はこういったケガは経験が少なければ少ないほど回復が早いという傾向があるんですね。

一度怪我をすると、どうしてもその部分というのは弱くなってしまうので、ケガの再発が多くなってしまうんです。

いわゆる”折れ目“ができてしまい、ダメージがそこに蓄積されやすいんだとか。

研ナオコさんの場合はそういった今までのケガが少なかったことや、家系で身体が丈夫な人が多かったことなど

色々な要素が相まってあの驚異的な回復力を生み出しているんだと思います。

研ナオコさんは今後も元気に生き続けると発言していましたし、「200歳まで生きる」なんてことも言っていました。

それほど元気な研ナオコさん、また舞台や番組で活動している姿を早く見られることを願います。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。