川内優輝選手の最速ラップ動画や看板激突、転倒、給水失敗の原因は?

  • LINEで送る

「陸上・世界選手権」(6日、タワーブリッジ発着)

 男子マラソンが行われ、日本勢では終盤に執念の走りを見せた川内優輝(30)=埼玉県庁=が2時間12分19秒で9位に入った。Yahooニュース

今回、ロンドンで行われた陸上、世界選手権に出場した川内優輝選手。タイムは2時間12分19秒で惜しくも入賞まで3秒届かずのタイムでした。

ただ、ラスト2.195キロでは6分41秒という記録的な数値もたたき出し、9位という結果に終わりました。

一方で話題になっているのは、競技最中の様々なアクシデントでもあります。

今回はそのアクシデントの原因や、気になる動画について調べてみました!

スポンサーリンク

川内選手の驚異的な追い込み!動画は?

今回の世界選手権、川内選手は序盤でかなりの好タイムを記録していたんですね。

このままいけば入賞は間違いなしと思われていたのですが、途中あるアクシデントが川内選手を襲う事となりました。

看板激突、転倒、給水失敗。と通常ではありえないようなトラブルが立て続けに起こりました。

特に看板激突では左太ももを強打し、転倒しました。おそらく打撲を受けていると思われて、一時は脱落するかと予想されましたが

川内選手の精神力の強さから即座に立て直し、競技後半では金メダリストを10秒上回るタイムで追い込んでいったというのですから驚きですね!

この驚異的な追い込みの映像が見たい方もいるのではと思いますので、調べてみました。

どうやら動画は上がっていたようなのですが、テレビのニュースの映像をそのまま挙げていたため現在では消されてしまったようです。

現在も川内優輝さんの競技中の映像はニュースなどで見れるという事なので、気になる方はぜひ明日にかけてのニュースをご覧ください!

アクシデントの原因は?

今回のアクシデント、それぞれの原因は何だったのでしょうか?

まず、看板に関しては川内優さんが体力を消耗していたため、ふらついたところに運悪く看板が設置してあったようで、そこに激突、転倒してしまったようです。

幸い大きなけがはなかったものの、これが原因でタイムを大幅に落とすことになってしまいました。

次に給水失敗について、これは競技中に前を走っていたペースメーカーが誤って川内優輝さんの水を飲んでしまったという事です。

これは完全に人為的ミスなので、川内優輝さんとペースメーカーの連携が問われることとなりそうですね。

これだけのトラブルが来てしまうと川内優輝さんの精神力も限界かと思われましたが、それでも最後には追い上げをみせたということで、

今回の世界選手権、入賞こそなりませんでしたが、今までよりも確実に進化をした川内優輝さんの走りを見ることが出来たのではないでしょうか?

まとめ

今回は世界選手権、川内優輝さんに起こった様々な出来事について調べてみました。

川内優輝さんは今回のトラブルにもかかわらず、非常に良いパフォーマンスで走破できていたようでした。

今回の記録をみると、今後の大会や、次回の世界選手権での活躍が更に期待できそうですね!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。