乾燥する時期はいつからいつまで続く?2018~2019年の快適な湿度を保つ方法!

  • LINEで送る

2018年も12月に入り、本格的な冬の寒さがやってきましたね~

この時期気になるものといえばやっぱり乾燥ですよね・・・
肌へのダメージや静電気などがかなり厄介に感じます。

これが辛いと思う方も多いと思いますし、
乾燥する時期がいつまで続くのか、気になりますね。

今回は乾燥の厳しい時期がいつまで続くのか、
快適な湿度を保つにはどうしたらいいのかについて調べてみました!

スポンサーリンク

乾燥する時期はいつからいつまで?

できればすぐに乾燥する時期が終わってほしいと思うこの頃ですが、
実際に体感として乾燥しなくなる時期はいつ頃なのでしょうか?

調べてみたところ、本格的に湿度が上がってくるのは4月上旬ごろからになりそうです。

早くても3月頃からは少しづつ空気が潤ってきますので
気持ち的には落ち着きを取り戻せるのではないかと思います。

冬の乾燥を防いでくれるのは毎年3月頃に発生する移動性高気圧です。

この高気圧が日本付近に留まることで北からの乾燥した空気が南下しにくく、
南から温かい空気が流れ込み
、湿気を感じられるのです。

真冬の間はこういった高気圧が日本に留まりづらく
北から冷たい風が流れ込むのでより一層乾燥してしまうわけですね。

冬に空気が乾燥する原因は?

冬といえば日本全国で空気の乾燥がひどく感じられると思いますが、
実はそうでもないってご存知でしたか?

冬に空気が乾燥するのは、主に太平洋側の地域だけなのです!

実は日本海側の地域は湿度が高い所のほうが多く、
雨や雪の影響で乾燥しにくくなっているんですね。

その理由というのがシベリアから流れてくる低温の季節風です。

この季節風は乾燥しており、日本に向かうまでに海などから水分を吸収して日本海側へ向かいます。

そのため、季節風が到達する日本海側の地域では雨や雪が非常に多くなってしまうのです

そして、雨や雪を降らせた季節風は太平洋側へと移動していきます。

しかし、既に雨や雪を降らせた季節風には水分が少なく、
非常に乾燥しています。

太平洋側の地域はその乾燥した空気が流れ込むので、
結果的に空気が乾燥した状態が続いてしまうんですね。

加湿器を使うべき時期はいつからいつまで!?快適な湿度の目安と保ち方!


http://e-quall.com/danbou-itumade ‎

まとめ

今回は冬の乾燥した時期がいつまで続くのか調べてみました。

どうやら4月まではこの乾燥した空気が終わらないようですね・・・
はやく潤った季節が来てほしいものです。

それまでに、乾燥対策などの使えそうなネタがありましたら追記していきますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

加湿器を使うべき時期はいつからいつまで!?快適な湿度の目安と保ち方!


http://e-quall.com/danbou-itumade ‎

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください