籠池夫妻が逮捕の容疑と認否は?踏み切った理由と決め手は?

  • LINEで送る

森友学園の小学校建設をめぐり、大阪地検特捜部は、虚偽の契約書を提出して、国から補助金をだまし取った疑いで、籠池前理事長夫妻を逮捕した。Yahooニュース

長らく続いた森友学園問題に終止符が打たれようとしています。

今回、警視庁は籠池夫妻の逮捕に踏み切ったわけなのですが、その容疑や決め手となったのはどのようなことなのでしょうか?

また、現在の籠池夫妻、認否についてはどうなのでしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク

籠池夫妻の容疑は?

以前から疑われていた容疑として「虚偽の契約書」を作成したり、「国から補助金をだまし取った」ことや

「国会での証人喚問で虚偽の申告をした」など、様々な疑惑が籠池氏にかけられていました。

そして、実際に今回の逮捕に踏み切られた容疑は「詐欺罪」だという事です。

やはり予想どおりというか、この容疑であれば特に違和感のある逮捕とはならなさそうです。

この一件について、誰もが詐欺罪だと思っているだろうし、それ以外の関係ない容疑があてられたらたまったもんじゃないですね・・・

ただ、今回の容疑はこれだけに留まらず、森友学園が運営する塚本幼稚園が、大阪府などの補助金を不正に受け取った疑いもあり、

捜査が進められるという事です。早く補助金を国に返してください・・・

現在の認否は?

今まで様々な証言で自己の正当性を主張してきた森友夫妻ですが、今回逮捕されたといういう事で認否についてはどうなっているのでしょうか?

現在でも様々な最新情報がでているのですが、今のところ容疑を認めておらず、警察の聴取に対しては「黙秘」を貫いているそうです。

ただ、ここまで追い詰められているということもあり、今後一転して犯行を認めることもある可能性が高いですが、それがいつになるのかは分かりません。

まだまだこの一件についてこの二人は戦うという事でしょうか?早く補助金を国に返してください。

逮捕の決め手は?

今回の逮捕の決め手となった部分は、やはり金額の異なる3つの契約書の存在です。

31日夜8時半ごろには特捜部の係官およそ10人が大阪・豊中市の籠池前理事長の自宅の捜索を行いました。

押収された書類を調べたところ、小学校の建設工事で金額が異なる契約書を提出し、国の補助金5600万円余りをだまし取っていたという疑いが強くなったということなんですね。

籠池氏は「こちらに反省すべき点もあるが故意ではない。金額の異なる契約書の存在はあとから聞いた」とのコメントを残していましたが、

事情聴取についてはほぼ黙秘していたという事で、籠池氏自身もかなり崖っぷちに追いやられているように感じます。

籠池さん、意地を張るのはもういいので、早く補助金を国に返しましょう。

まとめ

籠池氏が本格的に有罪となるまで、そこまで時間はないと思います。

今までも偽100万円札を持ってきたり、「100万円渡したら渡したって言え~」と、奇想天外な事を行う人物だという事が分かりますよね。

裁判所でも変なことをしないといいのですが、おとなしく罪を認めてくれるのでしょうか・・・

今後の籠池夫妻の言動に注目していきます。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。