韓国軍が自衛隊機にレーダー照射した場所はどこ?理由は?

  • LINEで送る

21日韓国軍が日本の自衛隊機に対してレーダー照射をしたということで問題になっています。

国際問題にもなりかねない今回のニュースですが、実際にレーダー照射を受けた場所はどこなのでしょうか?

スポンサーリンク

韓国軍がレーダー照射した場所はどこ?

今回の問題となったニュースがこちら

防衛省によりますと20日日本海で警戒監視のために飛行していた海上自衛隊のP1哨戒機が韓国軍の艦艇から、射撃管制用のレーダー照射を受けていたことが明らかになりました。
岩屋防衛大臣は記者団に対して、「不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だ」と述べ、韓国側に抗議したことを明らかにしました。

今回、韓国軍が自衛隊機にレーダー照射をしたということですが、
その場所がどの辺りだったのか気になりますね。

こういったトラブルって、基本的に二国間の領地問題が起きている場所で起きることが多いのですが、
今回の場合はどうなのでしょうか。

日本領でこういった問題が起これば当然韓国軍がなぜそれを知りながらレーダー照射をしたのか、
どういった理由でこういった行為をしたのかも気になりますね。

さて、本題へ戻ります。

大まかな場所は日本海ということですが、日本海もかなり広いので具体的にどこでレーダー照射されたのかが鍵となりますね。

調べてみた所、どうやら能登半島沖で問題が発生したようです。

この能登半島沖は紛れもなく日本海ですが、
だとすれば韓国軍がそこにいた理由が気になりますよね。

おそらく、能登半島沖でも韓国領とのギリギリ境界線で起きた問題かもしれませんし、さらに詳しい場所を突き止めたほうが良さそうですね。

能登半島沖での日本領と韓国領について調べていました。

日本領か韓国領のどっち

能登半島沖で起きた韓国軍のレーダー照射について、
さらに詳細な報道がこちらにありました。

防衛省によりますと20日午後3時頃、日本海の能登半島沖を警戒監視のために飛行していた海上自衛隊のP1哨戒機が韓国軍の駆逐艦から、射撃管制用のレーダー照射を受けたということです。
これについて、岩屋防衛大臣は21日夜7時すぎから防衛省で記者団に対し、「不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だ」と述べ、21日韓国側に抗議するとともに再発防止を求めたことを明らかにしました。

自衛隊機は日本海の能登半島沖を警戒監視のために飛行していたとありますね。

この警戒監視とは恐らく領海、領空侵犯に対して行われていたのでしょう。

そうなると能登半島沖でもかなり国境に近い場所で起きた問題だということが伺えます。

こちらが能登半島と日本海の全体図

日本領と韓国領を分けるとこのようになっています。
竹島を含めた日本海側では能登半島沖全体が日本領です。

さらに拡大してみるとちょうど能登半島沖のラインに竹島がありますね。

竹島は韓国側も自国の領土と主張している土地ですので、軍艦などが警戒をしているということです。

おそらく今回のレーダー照射もこの付近で起きた問題であることが伺えます。

やはり、竹島に関する領土問題が発端で今回のレーダー照射が起きたと考えられますね。

しかし、韓国側がいつまでもこういった形で対応するとなると、解決は更に難化していきそうです。

まとめ

今回は韓国軍が日本の自衛隊機に対してレーダー照射をしたということで、その場所などについて調べてみました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください