「イッテQ!」予算はどのくらい?過酷なロケでギャラは高い?

  • LINEで送る

 28日に放送された日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)が平均20・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークしたことが29日、分かった。今月7日の20・6%、14日の21・2%、21日の21・0%に続く4週連続、今年8回目の大台突破。4週連続大台超えは今年最長となり、絶好調をキープしている。Yahooニュース

スポンサーリンク

イッテQの番組予算はどのくらい?

放送されてから10周年となったイッテQ!ですが、未だ勢いは衰えず、むしろ絶好調というべき視聴率をとっています。

人気の理由として、やはり番組自体の企画力もありますが、個性的なタレントと世界中を駆け回るロケ力、

いかにも体当たりな内容に見る人を飽きさせない魅力を感じてしまいます。

この番組で一躍有名となったイモトアヤコさんも番組内では命を惜しまないほどに全力で企画をこなし、

多方面で話題となっている人物ですね。

そんな絶好調のイッテQ!ですが、実際に番組予算はどれくらいかかっているのでしょう。

やはり他の番組と違うのは、企画の規模が大きく世界中を舞台にしていることや、

人気のタレントや俳優を惜しみなく出演させることですね。

特にイモトアヤコさんの企画では世界最高峰のエベレストに登頂したり

8000m級のマナスルに登頂するなど、かなり本気で危険のある企画なだけに

事前の準備や登頂中のスタッフ、その安全配備のことを考えれば、予算は数億にものぼるでしょう。

また、タイトルに「世界の果てまで」と題してある通り

本当に世界の果てや秘境のような場所にまで行ってしまいます。

更にすごいのが、そこまでいって本来予定していた企画が失敗してしまったり

目的を達成できないことが普通にあるということです。

予算をかけてロケをしたのに思うような結果が得られなかったとなると、

番組も予算を削りたくなるはずです。

しかし、それでも番組の方向性を変えることなく

企画の中で失敗した点も包み隠さず放送することがこの番組の好感度の高さを表しているのかもしれませんね。

イッテQ出演者のギャラは?

イッテQという番組自体にお金をかけているということがわかりました。

それではその番組に出演するタレントのギャラはどれほどなのでしょうか?

イッテQの出演者には様々なキャリアがあり、その人によって「タレントとしてのギャラ」が変わってきてしまうので

純粋にイッテQという番組としてのお金がどれほどでているのか計るのは難しいです。

宮川大輔さんはお笑い芸人としてのブランドがありますし、手越祐也さんはジャニーズとしてのブランドがありますよね。

そこで、芸人ではありますがイッテQでのデビューが大きいということで、

純粋なギャラに近い額をもらっているイモトアヤコさんのギャラを調べてみました。

そのところ、イモトアヤコさんのイッテQでのギャラは1回で約30万円であることがわかりました。

以外にもそこまで大きな額ではなかったんですね。人によっては出演するだけで何百万もかかる人もいますからね。

割と命がけなロケも結構あったりするので、正直もっともらっているのかと思いました。

こう考えるとイッテQでは出演者よりも番組としての面白さ、企画に力をいれているということがわかりますね。

視聴者にとって面白いと思える番組というのはこういった「誰を使うか?」という外見よりも、

企画が面白いか?どんな内容にするのか」という中身を大切にすることなのかもしれません。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。