京大ips捏造問題で論文を捏造した職員は誰?動機や特定拠点助教について

  • LINEで送る

京都大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)の特定拠点助教が発表した論文の図に、捏造(ねつぞう)や改ざんの研究不正があるというニュースが飛び込んできました。

この件についての詳細は現在会見が行われているということですが、今回の論文で捏造をしてしまったのは一体誰なのでしょうか。

その動機や内容が気になりますし、京大ips研といえば山中教授がいるということでも有名ですよね。

今回はその捏造に関する人物や動機について調べてみました。

スポンサーリンク

論文を捏造したのは誰?

今回発覚したips細胞に関する論文の捏造は一体誰が作成したのでしょうか?

いわずもがな京大ips研究所の職員であることは間違いないのですが、詳細な人名は現在のところ明かされていません。

気になるのは論文を作成したのは「特定拠点助教」という勤務体形で研究をしている人物です。

「特定拠点助教」というのは期限付きで雇用されているいわば非正規職員です。

そうなるとはじめからこの京大ips研で働いていた人物ではないということなのでしょうか。

今回問題となった論文の内容としては以下のように説明されています。

論文では、iPS細胞から「血液脳関門」と同様の特徴を持つ脳の血管内皮細胞をつくったとしていた。血液脳関門は脳を守るために、脳に入る血液中の物質を制限する働きがある。

この人物が論文を捏造したとなれば動機としてもいろいろな思惑が働きますが、一体どのような経歴をもつ人物だったのかが鍵になりそうです。

これに関しては今後の報道で名前が浮上すると思いますので引き続き情報を追っていきたいと思います。

捏造の動機は?

ips細胞に関する論文の捏造を行った動機というのは何だったのでしょうか。

京大ips研究所といえば細胞研究の中でもトップレベルで優秀な人達が集まる研究所です。

その中で不正を働かなければ行けない理由というのがあるならば、どのようなことなのでしょうか?

調べてみた所、現在研究者の間でも「助成金」「期限」について問題になっているそうです。

具体的な内容として「助成金」では様々な研究のための費用として国から助成金を貰えるのですが、その条件にある程度研究の実績が必要になります。

研究の成果が見られず、実績がないと判断されれば助成金はもらえず、研究を続けられなくなることもあるようです。

なので、実際に研究で成果が見られない時に実績を出したように論文などを捏造、改ざんして助成金を受け取ろうとする不正が行われていた例があるみたいですね。

もう一つの「期限は研究で実績を出すまでに期限が設けられており、その期限内に成果が見られなければ助成金が出ないというものです。

特に今回の「特定拠点助教」という制度では研究のための期限がかなり短いらしく、その間で実績を出せない場合にこういった捏造を行い、成果があるように見せる不正を行うようです。

ただ、結局のところ捏造を行った動機は本人にもいろいろな考えがあってのことですし、事の真相をその研究者自身から説明されなければはっきりとしたことはわからないですね。

今後、本人の口から今回の捏造疑惑についてどのような事が語られるのか注目して行きたいと思います。

まとめ

今回は京大ips捏造問題が発覚したということで、人物像や動機について調べてみました。

引き続き新たな情報が入り次第追記していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。