iphoneの寿命やかえどきとなる症状は?バッテリーの減りが早い原因は?【最新2017年】

  • LINEで送る

iphoneの寿命や替え時については様々な意見がありますよね。

最近話題になっているのはappleが時期によってiphoneの性能を意図的に下げているというとのこと。

これっていわゆる「ソニータイマー」的なやつですかね!?

こういった部分を踏まえて今回はiphoneの寿命や替え時についても考え直してみようと思います!

スポンサーリンク

2017年最新iphoneの寿命や替え時となる症状は?

それでは最新のiphoneの寿命や替え時はどのようなタイミングなのでしょうか?

iphoneって1台買うのにかなりお金がかかりますし、できれば長く使いたい人が多いですよね~

これといった買い替え時期のサインもありませんし、いったいどのくらいで買い替えればよいのかってわかりにくいというのが正直なところです。

実際にiphoneの寿命などについて調べたところ、実はappleがiphoneの性能を意図的に下げていく機能を搭載していたとのことです。

iphoneの性能で気になるところといえば動作の速さやバッテリーの消耗についてですよね。

一番の目安になる部分ではありますが、ほとんどの人はiphoneを購入した際の契約のせいで買い替えができないのではないでしょうか?

後に書くのですが、appleは約1年でiphoneの性能を落とす機能を追加しているそうです。

なので、端的にいってしまうとiphoneの購入から1年が経てば性能は落ちていくだけなのでいつ買い替えてもOK!ということになります。

ただ、購入した際に2年契約をしていると、1年後からの機能低下に耐えながら持ち続けないといけない・・・ということになったりして嫌ですよね~

実際にこの機能低下の詳細についてどういうことなのか、調べてみました。

バッテリーの減りが早い原因は?

appleはiphoneのバッテリーが消耗されていたり、寒さや暑さが極端な場所ではCPUなどの性能をあえて遅く動作させるプログラムを入れているとのこと。

これについて、appleではこのような説明がされています。

(私たちの目標は顧客に最高の体験を提供することです。これには全体的な性能向上や端末の寿命を延ばすことも含まれます。リチウムイオンバッテリーは、寒い状況下でピーク電流を流せなくなったり、繰り返し使うことで最大容量まで充電できなくなったりします。このせいで、電子部品を保護するために予期しないシャットダウンがもたらされ得るのです)

特定の状況ではiphoneの性能を制限することで、結果的に寿命を延ばしたり、故障などの不具合を防いでいるとのことです。

確かに、iphoneを使用する人は世界中にいますし、使い続けることで突然の故障や不具合などが起きる可能性がありますね。

以前空港に持ち込まれた他社製のスマートフォンが出火したり爆発するという事故がありましたが、iphoneはこういった事故を防ぐためにわざと性能を落としているということでしょうか。

確かにそう考えれば納得するかもしれませんが、一方では性能を落とすことで買い替えを促しているとも受け取れますよね。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。