インフル異常行動が激増!危険な薬は?対策は?

  • LINEで送る

今年もインフルエンザが非常に流行していましたね。皆さんはどのような対策をしていたでしょうか?

少し前にインフルエンザになった少年がタミフルを服用し、異常行動が見られたというニュースがありましたが

今年も薬を服用してから異常行動で転落するという事故が起きています。

スポンサーリンク

なぜ異常行動?

少し前にタミフルで異常行動を起こした事故がありましたよね。

あれはインフルエンザの薬が本人と相性が悪く、脳に以上を起こしたという認識がありましたが、実際の所原因がはっきりとしていませんでした。

そして、今回起きてしまった事故でインフルエンザを発症した中学生が服用していたのは「リレンザ」という薬でした。

リレンザは吸入するタイプの薬で効果はタミフルと同等と言われています。

最近ではタミフルによる事故の影響でタミフルの使用を控える人がリレンザを選ぶケースが多いのですが、結果的にリレンザでも事故が起きてしまったということになります。

厚生労働省の調査によると何も薬を服用していない患者や、解熱剤のみを服用している患者でも同等の行動が見られたそうです。

これらの異常行動の原因は薬と関係なく、インフルエンザによる症状そのものである可能性が高いと考えられているみたいですね。

対策は?

これらの異常行動の原因が薬である可能性が低いので、むやみに薬を使うな!というのも患者にとっては酷であると思います。

インフルエンザ患者の中でもこういった行動が起きやすいのは小児や未成年の方に集中しているので、インフルエンザにかかってしまったら一人にさせないということが大事です。

特にインフル発症から2日間のうちが最も異常行動が起きやすいので、この期間はなるべく目を離さない、一人で放置しないということが必要になります。

その後、インフルが収まりつつある時期は異常行動が起こりにくいのでそれまではしっかりと様子をみて、本来のインフルエンザの治療通り、安静にしていることが重要ですね。

まとめ

まだまだ調査段階のため、タミフルやリレンザがどのように影響しているか未知の状態です。

今後の発表に注意しながらインフルエンザ対策をしていきましょう。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。