ふたご座流星群2018のピークは何時から何時まで?場所や方角は?【12月13~14日版】

  • LINEで送る

12月13日~15日はふたご座流星群がピークを迎え、日本でも観測することができます!

特に14日は流星群が極大となり、1時間に40個近くの流星を見ることができるようです。

ただ、時間帯によってはピークなのに見られないという状況もあるようです。

日本から最もふたご座流星群がきれいにみられる時間帯は何時から何時までなのでしょうか?

気になるピークの時間帯について調べてみました!

スポンサーリンク

ふたご座流星群が見られる時間帯は?

ふたご座流星群を見ることができる時間帯が何時から何時までなのか調べてみました!

時間帯だけではなく、流星群を発見しやすくなる条件というのもありますので、合わせて解説していきます。

【ピーク時間帯】

・13日の20時~6時頃まで
・14日の21時~6時ごろまで

【最も観測しやすい時間帯】

・13日の24時~6時ごろまで
・14日の24時~6時ごろまで

まず、ふたご座流星群がピークとなる時間帯を調べたところ12月14日の21時過ぎからだということが分かりました。

ただ、この時間帯は月が高い位置にあるため、空が明るく流星群のを見つけることが難しいかも知れません。

夜半以降(24時以降)は月が沈み、空が暗くなるので流星群を発見しやすくなるのでおすすめです!

12月14日の24時ごろの天気は全国的に晴れ、雲もそこまでかからないということなので、まさにこの時間帯が見頃ということになります!

空が暗く、夜空がきれいに見える場所であれば1時間に数十個もの流星群を見ることができますよ!

ふたご座流星群が見られる方角は?

今回観測できるふたご座流星群はどの方角から見ることができるのか調べてみました。

ふたご座流星群というのは特定の場所に留まっている惑星とは違い、
地上から見て360°あらゆる方向に出現します。

なので、具体的にどの方角に出現するのかについては決まっていません。

ただ、流星群を観測しやすくなる条件としては、なるべく月が出ている方角と逆方向を見るほうが良いでしょう。

月周辺は明るく照らされており、流星群の観測が難しくなる可能性があるからです。

また、市街地や街灯など、明るいものがなるべく目に入らない方向を見たほうが流星群を観測できる確率は上がってきますよ!

次に見れるのはいつ?

今回のふたご座流星群が終わってしまった場合、次に見られるのはいつなのでしょうか?

実はふたご座流星群が観測できるのは毎年というわけではなく、最後にふたご座流星群の極大日が観測できたのは2013年なんだそうです。

なので、もしかしたら来年見れるかもしれないし、あと数年は見れなくなってしまうという可能性もあるんです。

ただ、ふたご座流星群が観測できるのは12月の13~14日の間だということは同じなので、来年の12月13~14日にふたご座流星群がみられるかもしれないと知っていたほうが良いかもしれないですね!

必ず見られるものではないふたご座流星群。この機会にぜひ見逃さないように今日から明日にかけてチェックしておきましょう!

まとめ

今回はふたご座流星群が見られるということで時間帯や方角について調べてみました。

時間帯は14日の24時以降が見ごろということです。

方角については決まった位置はなく全体を通して観測できるようですが、なるべく暗い場所を見るようにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください