福山雅治が嫉妬したアーティストってだれ?関ジャム出演で意外な本音が!

  • LINEで送る

10日放送の番組「関ジャム」に福山雅治さんが出演します!

関ジャムでは様々なアーティストの悩みや疑問について語っている番組。

今回は福山雅治さんの様々な疑問や今まで語られていなかった本音について迫っていくようです。

気になるのが、福山雅治さん、実はあるアーティストに嫉妬をしていたとのこと。

そのアーティストはいったい誰なのか、調べてみました!

スポンサーリンク

福山雅治が嫉妬したアーティストとは?

福山雅治さんといえば!「家族になろうよ」「東京にもあったんだ」などの名曲を残していますよね。

歌や演奏のセンスはさながら、その見た目にも多くのファンを惹きつける魅力があります。

どちらかというと嫉妬されることが多いんじゃないかなーとも思いますよね。

そんな福山雅治さんですら嫉妬したというアーティスト、いったい誰なのか気になります。

調べてみたところ、実は本人もこれまで語られていないエピソードがあるらしく、

そのアーティストへ嫉妬しているというのは今回初めてお話しするそうです!

いったいどんなところで福山さんは嫉妬するんでしょうね?

一番に思いつくのはやはり年齢でしょうか。

福山雅治さんももう48歳とそれなりの年齢になっています。

逆にこのお姿で48歳って、やっぱり嫉妬されてしまうような気がします・・・(笑)

年齢でもないとなると、やはり楽曲の売り上げなのでしょうか?

それでも福山雅治さんは大ヒットを連発していますし、楽曲はかなり売れている方だと思います。

ただ、一度だけとあるラジオ放送でこの売上について話していたことがありました。

それはデビュー当時、福山雅治さんがまだ売れていなかった頃の話です。

福山雅治さんはあまり曲が売れていないことを気にしていなかったようです。

ただ、事務所などの関係で、曲が売れないとクビになってしまうこともあり、

仕方なく、曲が売れる路線へ変更したというなんともアーティストな考え方を持っていました。

ただ、同時期にデビューしていたアーティストのBEGINは、デビュー当時から売れていたため、

さすがの福山雅治さんも少しばかり嫉妬をしていたそうです(笑)

当時は「あれは売れ線だから」という売れないバンドによくあるセリフを言っていたそうですね~。

自分が知る限りで福山雅治さんが嫉妬したとすれば、それはBEGINのことなのかな?と予想してみました!

今回の福山雅治さんが嫉妬したアーティストについての真相は10日放送の「関ジャム」をぜひご覧下さい!

意外な本音が!

福山雅治さん、今回の関ジャム出演で意外な本音が聞けるという事でどんなことを言うのか気になりますね。

他のアーティストとは少し変わった性格の福山雅治さん。

自信のラジオでは毎回ぶっちゃけ話をしているので、今更意外な本音ってなんだろう?と首を傾げています。

ただ、そんなイメージのある福山雅治さんだからこそ関ジャムでしか言えない本音があるのでしょう。

番組ではかなり真剣に自己分析をされるのですが、その中で今まで自分たちでも知らなかったエピソードなど、

かなり驚愕の事実が明かされるという事なんですね。

これはなかなか興味深いお話が聞けると思いますよ!

福山雅治さんについて気になる方はぜひ10日放送の関ジャムをご覧ください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

知られているようで知らないことの多い福山雅治さんについて

今後も更に驚きのエピソードが聞けることを期待しております!

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。