藤岡幹大の死因は自殺の可能性?事故がおきた天体観測の場所や状況は?

  • LINEで送る

タルダンスユニット「BABYMETAL」のバックバンドなどで活躍していたギタリストの藤岡幹大さんが、5日に亡くなっていたというニュースが飛び込んできました。

36歳という若さで亡くなってしまったことやBABYMETALなどのギタリストとして活動していたことからファンの間では悲しみが広がっています。

そんな藤岡幹大さんですが、直接の死因はいったい何だったのでしょうか?

自己の状況についても調べてみました。

スポンサーリンク

藤岡幹大の死因は?

藤岡幹大さんは12月30日に天体観測をしていたところ、高所から落下したという事で病院に搬送されたようです。

その後、療養をしていたのですが1月5日夜容態が急変し亡くなられたとのこと。

今回の事故はネット上でもかなり波紋が広がっているようで、様々なファンの方の声が聞こえてきます。

後述しますが、藤岡幹大さんが自殺を考えていたという可能性も浮上してきました。

まずは事故やけがの状況についてまとめてみました。

高所から落下した事でかなり致命的なダメージを負っていたことが伺えますが、症状としてはどのようなものだったのでしょうか。

考えられるものとしては2パターンありそうです。

一つ目は頭部への被害が大きかったこと。

落下という事で、その衝撃によるけがが起こることが予想されます。

藤岡幹大さんが実際にどの程度の高さの場所から落下したのかは不明ですが、落ちたことにより頭部へ衝撃が伝わると小さな怪我でも命に係わることがあります。

病院への搬送後、およそ6日間の治療期間があったことも意識が戻らない状態が続いたものと思われます。

体全体のけがが少なかったとしても、脳に深刻な被害が及ぶと回復が非常に難しい状況に陥るケースが多いです。

もう一つの要因は内臓への被害が大きかったことですね。

落下による衝撃で内臓に負担がかかると、その影響で機能不全が起こり死に至るパターンがありえます。

また、内臓のほかに骨折などが原因で内臓に干渉し被害を及ぼすこともよくあるようです。

治療期間が長かったのも骨折や内臓への被害を取り除くために手術などをしていたことが原因なのかもしれません。

高所から落下するという事故は体に直接の被害を及ぼしますので、病気などと違い容体が急変しやすいです。

今回の藤岡幹大さんに関しても懸命な治療が行われたと思いますが、このような結果になってしまい非常に残念です。

事故がおきた原因は?

事故が起きた場所はいったいどのような所なのでしょうか?

ニュースによると天体観測所と記載されていますが、これはプライベートで天体観測をしていたという事なのでしょうか。

この事故の前日に、藤岡幹大さん本人のtwitterにも意味深な書き込みがありました。

どうやら「藤岡幹大のお誕生日会」と題されたイベントが不手際によって中止になったことが原因のようです。

そして、翌日の天体観測所で高所から落下・・・

なにかとてももやもやとする事が連続しているので気になりますね。

こちらについて、引き続き詳細が分かり次第追記していきたいと思います。

まとめ

今回は藤岡幹大の突然の訃報について詳細を追ってみました。

彼は日本の素晴らしいギタリストとして記憶に残り続けるでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。