初夢をみなかった人の2018年は幸せになる!?傾向や特徴を調査!

  • LINEで送る

あけましておめでとうございます!

2017年も過ぎて、新年が幕を開けましたね。

お正月といえばなんといっても初夢がどんなものになるのか、気になる方もいたのではと思います。

ただ、中には初夢を見れなかったという方もいるようです。

初夢は縁起のよさで今後一年を表すとも言われているそうですが、初夢を全く見れなかった場合っていったいどうなるのでしょう?

初夢を見れなかったことで、もしかしたら今年は悪いことが起こるのでは?と不安に思う方もいるかもしれません。

実は初夢を見ないということが今年一年を幸せにするかもしれないという可能性があるんですね!

実際に初夢をみないことはどんな意味をもつのか調べてみました!

スポンサーリンク

初夢を見れなかった人は幸せになる?

初夢をみると幸せになるとは聞いたことがあるかもしれませんが、逆に初夢を見ないということで幸せになるというのはあまり聞かないかもしれません。

初夢をみなかったという不安とは裏腹に、今年一年が幸せになる理由がなぜなのか気になりますよね。

夢というのは自分の気持ちや精神に大きくかかわっているというのはご存知でしょうか?

特に自分の今の状況とはずいぶん違った風景を映し出すということがよくあります。

それは不安とか、期待とか理想というもので、今の自分にないものやあってほしくないもの、逆にこうなりたいとかこうあってほしいという願望などが夢に現れることが多いそうです。

初夢は特に1年が終わり、新たな1年が始まるということが自分の感覚にあるので、それに関わる夢をよくみるそうです。

なので初夢を見る人は、今の自分に足りないものや今後こうなりたいという理想が自分の中に強くある方が多いのです。

逆に初夢を見ない人というのは、今の自分と理想の自分が非常に近いところにあるということを示しているのです。

自分の嫌なところだったり、こうあってほしいという願望が今の自分と近い部分にあることで、それがただの理想から現実に変わってきているサインでもあります。

初夢を見ない人はどんな年になる?

初夢を見ない人はどんな年になるのかって気になりますよね?

結論から言うと、今年は夢を現実にするターニングポイントかもしれません。

人は実現可能なことだったり、できると思っていることってあまり夢に見ないんです。

だって、学校で勉強をしたり、会社に行ってお給料をもらうだけの夢ってあまり見ないですよね?

自分が普通にできていることってわざわざ夢で見なくても実現しているのでその必要がないんです。

なので、初夢という理想の夢を見ないということは、この1年で自分が理想としていたものを実現できる年になるということです。

実感はないかもしれませんが、あなたの本能はしっかりと夢に向かって進んでいますよ!

まとめ

今回は初夢を見なかった人はどうなるのか、どんな1年になるのかについて調べてみました。

初夢を見なかったというのは不安になることでもなく、夢が現実になるチャンスの年だったんですね。

もちろん初夢を見ることも縁起が良いですが、見ないことで理想を叶えられるのであればそっちのほうが幸せだと思いませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。