初夢の内容を忘れてしまった場合の思い出す方法!覚えていない原因は?

  • LINEで送る

2017年も終わり、平成も30年という節目となりました。

お正月といえば初夢が気になる方もいるのではないでしょうか?

皆さんはどのような夢をみましたか?

中には「初夢を見たけど忘れてしまった・・・」という方もいるのではないでしょうか?

初夢というのは新しい年の縁起にも関わりますし、どのような夢を見たのか覚えていないのって少し寂しいですよね~

そんな初夢を忘れてしまう理由や忘れてしまった内容を思い出す方法を調べてみました!

スポンサーリンク

初夢を覚えていないのはなぜ?


初夢を見た感覚はあるのに夢の内容を忘れてしまった!なんてことに遭遇してしまった方もいるのではないでしょうか?

正月に初夢を見たいという人は多いですし、見る前からかなりの期待をしているだけに忘れてしまったらかなりショックですよね~

そもそも、初夢を忘れてしまうのはなぜなのでしょうか?

よくある初夢で縁起が良いものといえば「一富士二鷹三茄子」なんていいますよね。

夢の中にこの3つが現れればよい年になるそうな・・・

でも、もしその夢が自分の期待したものと全く関係なかったら、あまり印象に残らないのでしょうか?

これは人間の「意識」が深く結びついています。

人間はあることに意識を集中させると、ほかのことが頭に入らなくなってしまいます。

初夢を見る前日などは特にその意識が強いようで、人は自然と「縁起の良い夢を見たい」と思ってしまいます。

意識の中では縁起の良い夢をみようとしているのに、実際に見た夢が全く関係ないものだったら・・・

あまりその夢に対して関心がなくなってしまうんです。

要するに実際に夢を見たものの内容がお正月や縁起の良い夢とは全く関係のない夢だった可能性が高いんですね。

だからこそ、「縁起の良い夢」に集中するあまり、自分の期待とは全く関係ない夢を見たことでその内容を忘れてしまったというわけです。

初夢を思い出す方法!

それでは、実際に初夢を忘れてしまった時のための思い出す方法について調べてみました!

まず夢を思い出す上で大事なのは、何かした夢をみたような感覚になっていることです。

そもそも夢を見ていないと感じていれば思い出すヒントもないので、すぐに思い出すというのは難しいと思います。

その感覚をヒントに夢の内容を思い出すという方法をご紹介します。

まず、その夢を見たような感覚が一番大きかった状況になるべく近づきましょう。

もしその感覚が一番大きかった時が布団の中であれば、布団の中にはいりましょう。

家の外で歩いているときであれば、思い出しつつ散歩などをしてみましょう。

そして、夢を思い出す上で最も大事なのは「記憶をつかって思い出そうとしないこと」です。

一度忘れてしまった以上、記憶を頼りに思い出そうとすると膨大な時間がかかってしまったり、ほかのことを思い出したりしてうまくいきません。

あくまでも「感覚」を頼りに夢の雰囲気を掴むことが大切です。

そしてなんとなくその感覚でい続けることである時にふと思い出すということがあります。

「デジャヴ」を経験したことがある方ならその感覚に近いものを感じます。

要するに、夢を思い出すときには「記憶」を使わず「感覚」で思い出すということが大切ですよ!

そして、思い出せた方もそうでない方もこの一年が素晴らしい年になることを願っています。

まとめ

今回は初夢を忘れてしまう理由や思い出すための方法について調べてみました!

もし余裕があれば寝る前にメモとペンを用意して、起きたときにその内容をすぐに書き込むというのも良いかもしれませんね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。